head_img
head_img

お目目とレンズの中心の話

無水晶体眼のカナダのお客様

2019年9月24日

無水晶体眼のカナダのお客様

無水晶体眼のカナダのお客様 カナダから眼鏡がどうしても快適でなく困っているということで来日し眼鏡の注文。事前にメールで打ち合わせなどを行ってきた。 ユーザー詳細 カナダ・ウィニペグ在住 女性 42歳 先天性白内障による無水晶体眼、慢性蓄膿症、接触過敏症 (無水晶体眼=疑似調節力を持つ場合もあるが基本 ・・・続きを読む


【190420実施例】総重量14.5g 比較的強い複合斜視

2019年4月28日

【190420実施例】総重量14.5g 比較的強い複合斜視

【190420実施例】総重量14.5g 比較的強い複合斜視(内斜視+上下斜視) 兵庫県 男性 45歳 当店ご来店までいろんな眼科・眼鏡店で出来ないと言われ当店でお世話し、6年使用後経年劣化でレンズのコートに傷みが生じ作り直したケース。 フレームレンズの仕上がり総重量14.5g 度数 眼鏡の目的: 遠 ・・・続きを読む


赤ちゃんのメガネ 大きな度数差 不同視

2018年8月4日

赤ちゃんのメガネ 大きな度数差 不同視

赤ちゃんのメガネ  大きな度数差のある 不同視であれば必読 左右レンズの度数差が大きい眼鏡処方は、レンズ中心が目の中心と合わない場合、度数差が原因する不正プリズム、言い換えると左右で見る高さに差が生じ、上下斜位に似た状態になり、次に強い違和感が生じ頭痛が生じる場合がある。このような場合見るものが当初 ・・・続きを読む


米国の乱視処方

2018年7月9日

米国の乱視処方

 米国の乱視処方 米国(カリフォルニア州)処方箋の 乱視度数表記  Have a Nice Summer in Japan.   強度乱視、極端な不同視、眼鏡軽量化、メガネフレームズレ下がり防止 カルフォルニアご在住 6歳 女児   写真使用はお母様のご了解を得ています。 乱視度数の表現方 ・・・続きを読む


子供の近視進行予防

2018年3月5日

子供の近視進行予防

 子供の近視進行予防  豊中市 11歳 女子 小学校6年生 近視進行予防レンズ 強度近視性乱視 近視予防眼鏡を眼科で処方したが近視が進むばかり心配なので当店で眼鏡を作りたい。 使用中の眼鏡 改善点 ● 使用中の眼鏡のアイポイントが低すぎるため適正に合わせ機能性を高める。近見調節を軽減する近用部がかな ・・・続きを読む


【実施例】幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない

2017年6月12日

【実施例】幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない

大阪府 60歳 男性 主訴 乱視の矯正 2週間前に遠近両用眼鏡を安売りチェーン店で作ったが、依然1メータ先のモニターの文字が読み難く、常に目が疲れる、勘に頼って作業をしている。乱視に問題がある感じでその矯正。 1)使用中の眼鏡 境目のない遠近両用眼鏡を中心を上にしてもらって使っている。(本人の希望で ・・・続きを読む


日本眼鏡学 学会発表 星野龍一

2017年6月12日

日本眼鏡学 学会発表 星野龍一

日本眼鏡学 学会発表 星野龍一   IXON(イグソン)Ver7.01 額帯式自他覚視軸測定記録装置 メガネユーザーに不透明な光学中心の一致確認をする手法と視軸とレンズ中心を他覚・自覚で眼鏡デモレンズに記録する装置の紹介 オプティカルデザインホシノ 星野龍一 IXON(特許庁 商標登録第4 ・・・続きを読む


メガネ選びのポイント 【新聞記事協力】

2016年7月11日

メガネ選びのポイント  【新聞記事協力】

 メガネ選びのポイント    レンズと目の中心を合わせる 集中力欠如は眼鏡に原因あり 眼鏡を買うときに重要なポイントがレンズの中心と両目の位置が合っているか。 店員の誘導や店舗の機械で合わせているが、実際には合っていないことが多い。 集中力の欠如や斜視を誘発するおそれがあるので要注意だ。 ・・・続きを読む


【実施例】遠近両用眼鏡(累進屈折力眼鏡)遠視性乱視

2016年4月28日

【実施例】遠近両用眼鏡(累進屈折力眼鏡)遠視性乱視

【実施例】遠近両用眼鏡(累進屈折力眼鏡)遠視性乱視についての解説ページ。「遠くが見難くなった 以前のようにハッキリ見えない」となる原因について。


【実施例】心臓外科医の手術用ルーぺ

2016年4月27日

【実施例】心臓外科医の手術用ルーぺ

専用のルーペに近視レンズを取り付け 視線経由点をフレーム上に捉えレンズ中心を測定しベースフレームに取り付ける。 ここでは詳しく視線経由点測定方法を述べない。 ルーペを介して見る瞳孔間距離は、一般的眼鏡とは異なる距離になる。 度数と近見距離により適宜測定し決定。 レンズは外周コバを研磨した。 目的は、 ・・・続きを読む


ページトップに戻る