head_img
head_img
  •  

色んな眼病(パーキンス病)に対応した眼鏡

2017年4月9日

パーキンス病 (6年前羅患)兵庫県 女性 64歳

改善点

使用中の遠近両用メガネが掛けていて文字がよく見えない、疲れる等の問題を訴えていた。

併せ持つパーキンス病に依るものかと半分諦めていたが、眼鏡を装着し検査した結果、眼鏡の持つ基本的な商品不透明性とレンズ中心のユーザー確認のない言い換えるとレンズ中心が全く目と合わされておらず必要としない上下プリズムが加入されている不良な状態であった。

改善の為正確にレンズ中心を合わせることにより、悩んでいた問題は全て霧散した。

眼鏡の重量に関心が高く、レンズ設計により極薄に制作しフレームに取り付けた眼鏡総重量は13.6g。

加工前のレンズとフレーム
加工前のレンズとフレーム

加工前の眼鏡枠とレンズ

レンズは見難いが、極薄に成っている。

外斜位、遠視性乱視の遠近両用眼鏡
外斜位、遠視性乱視の遠近両用眼鏡

上部からの撮影
上部からの撮影

上部から撮影

レンズ外周部は、全てリム線以内に収まっておりはみ出しがほとんどない状態である。

 

軽量性に対する留意点

レンズを薄く軽くするを希望され、このような遠視性乱視の場合、基本的にレンズを保持するリム部はフルリムを勧める。

全周囲からレンズを保持するタイプが望ましい。

ユーザーが現在使用中のものは、ナイロールと言うナイロン線を使ったハーフリムタイプを使うとその分レンズは分厚く作る必要が生じ、眼鏡に求められる軽量性を損なう場合が多く見られる、この場合も例外なく分厚いレンズによる重量の為ズレ下がる問題点を訴えていた。

追跡調査

定期点検に依る経過追跡:ユーザー「メガネが軽く快適に見えるようになった。」

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ページトップに戻る