head_img
head_img

子供メガネ 軽く安全に

2017年5月1日

 軽く安全に 子供メガネ

材質

親の関心事には、メガネが軽くそして安全なように願うのは当然。その方法として、一般的には強く割れにくいポリウレタン系の屈折率 1.60 1.67レンズ素材を使います。

では素材選択だけで住むでしょうか?

レンズエッジに残る細かい傷

いいえ、それ以外の大切なこととして、レンズ外周加工時細かい傷の残る一般的な外周加工と異なる、一手間を加えたエッジ部分を鏡面研磨するとレンズ強度が増すのと、子供のする思わぬ行動から無理な力が眼鏡にかかった場合、レンズが割れずメガネフレームから抜け落ちる工夫を当方ではすべての子供メガネに施しています。厚み感も軽減されますが、目的は安全策にあります。

ズレ下がるだけで簡単に生じる副作用

またレンズ軽量化を図るのは、眼鏡が重たくてずり下がることを防止する目的があります。単純に眼鏡がズレ下がって鼻眼鏡になっても問題ないと思わないでください。特にこのような不同視の場合、眼鏡がずれ下がるだけ予期せぬ不正プリズムが生じ、左右の目で物を見た高さが違うようになり、ひどい場合はものが2重に見えたり、ぼやけて見えるような副作用が生じ弱視治療を遅らせる原因になります。そのまま長期間放置すると上下斜視になってしまいます。

初期対策として眼鏡をできるだけ軽量化する

では、軽量化すればそれで大丈夫か? 眼鏡店に行きメガネを作って一期一会の作って終わりでしょうか?子供メガネは、眼鏡を作ってから以後がもっと大切です。

眼鏡店としては一期一会であればこんな楽なことはありません。しかし大切な弱視治療が終わるまで、後の維持管理が非常に大切な治療用眼鏡です。

子供用メガネ

4歳 男児 東大阪市

仕上がり重量

既成レンズを使って作ればレンズだけで約10g、特注生産で4.3g 約半分の重量の仕上がり

フレーム 7.4g 仕上がり眼鏡全重量 11.7g

処方箋

弱視等治療用眼鏡
弱視等治療用眼鏡

 

処方箋と本人眼位測定に基づくレンズ設計図

レンズレイアウト図
レンズレイアウト図

加工

左右レンズの厚み比較
左右レンズの厚み比較

安全への配慮

レンズ外周は鏡面研磨を施してあります。フェイルセーフ:思わぬ力が加わった場合フレームから抜け落ちる工夫です。子供の場合何が起こるかわからないため、そのための対策です。
レンズ取付前
レンズ取付前
レンズ取り付け後
レンズ取り付け後
上部から観察
上部から観察

仕上がり検査

レンズメーターの測定画面です。あまり意味はありませんがご参考になれば、このようにしてレンズの度数を測定しています。

仕上がり検査
仕上がり検査
*マークは必須です。

ご住所

上記の内容で宜しければチェックしてください。→





ページトップに戻る