head_img
head_img
  •  

【実施例】脳梗塞発病後フレネル膜でもダブって見える 斜視矯正

2017年12月31日

兵庫県 50歳 主婦 

主訴

17年06月脳梗塞発病後 二重にダブって見え最初メガネレンズにフレネル膜を貼っている。プリズム矯正されているがそれでも上下左右にダブって見える。フレネル膜では鮮明に見えず見難いし見苦しい。眼鏡は購入間もなくもったいないのでレンズ交換だけ願いたい。

測定・矯正

レンズ 累進屈折力レンズ 両面紫外線除去 ブルーカット 染色なし

右 裸眼0.15 矯正 1.2XS-1.00C-0.50A85 プリズム無し 近用加入 +2.00

左 裸眼0.15 矯正 1.2XS-1.75 BI 1.50⊿ BU 5.00⊿  近用加入 +2.00

利き目は左だが 既に左目フレネル膜によるプリズム矯正に慣れているため左目側にプリズムを加入

瞳孔間距離 遠用=59

矯正後 

フレネル膜による間に合わせ的で不自然な見え方が遠くも近くもダブることなくハッキリとよく見えるようになった。

ユーザーの声「楽で見易くなった」

両眼視力 1.5

手渡し前
手渡し前

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ページトップに戻る