head_img
head_img
  •  

【実施例】弱視治療用眼鏡 

2018年4月22日

京都市 5歳 女児

ご来店の動機

使用中の眼鏡で視力向上が思わしくなく中心が目に合っているかご両親が不安になりご来店されレンズ中心を合わせるべく調整してきた。幾度か調整を行ったが、同様に使用中の金属フレームの強度不足と重量が25.0gと重たいためズレ下がり弱視治療に支障があると考えられ、意を決し眼鏡を当方で新規制作した例。

改善点

重量:不必要に大きなメガネフレームを廃し、軽量強靭なポリアミド樹脂フレームを採用しレンズを薄く軽くなるよう設計した結果総重量は15.0gまで軽量化。以前のフレームに比べ10.0g軽量化しずれ下がる第一要因を改善。

フレーム:過去5年前から採用し実績のある形状変化が生じにくい物理的強度の高い透明ポリアミド樹脂(透明ナイロン)を使用しメガネフレームが子供の手で押し広げて掛ける癖にも耐える。併せてユーザーはアトピー性皮膚炎を持ち可塑剤を含まない樹脂のため影響が少ない。

これ以外の特性として、鼻のパッド部分はシリコンラバーの摩擦抵抗が高くずれ下がりにくく、表面に汗をパッド外に排出する構造を持ち、使用経過を見て上下に約3.0mm程度調整が可能である。

レンズ

厚み詳細
厚み詳細

 

レンズレイアウト
レンズレイアウト

 

度数

右 S+8.50C-1.00A180

左 S+8.50C-1.00A180

PD 51.0 mm

中心測定

アイポイント測定
アイポイント測定

 

加工前のレンズと枠
加工前のレンズと枠




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ページトップに戻る