こどもめがね

お目目とレンズの中心の話

子供メガネ 中心一致とは

光学中心確認完成したレンズ中心をレンズメーターで印点し、その中心から当距離の位置へ中心チェックシールを貼り、「保護者確認」の後写真撮影。ここには筆者の信用・経験・薀蓄(ウンチク)など一切無用。合うか合わないかの事実確認が必要であり。インスタント・コーヒーのキャッチではないが、何も足さない、何も加えない。保護者確認が求められる。
ブログ

子供メガネ 左右の度数差が大きい

不同視の場合

このケースのように右目と左目の度数差が大きく離れている(不同視)場合、特に眼鏡がずれ下がるだけで子供の目を通して見える像は右左で高さが異なって見え、これを一つに見るために目の外側にある眼外筋に無理を生じさせ強い不快感を生じる不正プリズムが生じやすい。眼鏡の作り方や子供の使い方などにもよるが、目とレンズ中心が合わない眼鏡を装着した状態を長期続けると「後天的な上下斜視」を生じさせるリスクがある。したがって我々は最大の注意を注ぎフレーム上に正確に目の中心を捉える作業の良し悪しは眼鏡の品質を決定づけてしまう。購入行動で一番関心を持ち、保護者が確認することにより結果として子供を護ることになる。
ブログ

こども眼鏡

こども眼鏡 法定3才児検診や何かの拍子や事由で眼科から「弱視判定」を受け眼鏡処方箋を受け取った時、弱視に対する知識と何をどうしたら良いか保護者の心配と当惑は察するに余るほど大きい。一方、眼科ドクターとの話し合いの持ち時間は殆どの場合15分程度でいろんな疑問や知りたいことなど十分に聞けない場合が多い。これについてはどうするか後述する。処方箋を手渡され処方箋を眼科と提携している「信頼できるだろう」の眼鏡店へ行き適当な眼鏡枠を決め処方通りの眼鏡を作り掛けさせていれば子供は、よく見えるようになり安心と思うのが一般的であろう。しかし親や保護者の思惑と現実は異なる。
子供の弱視治療メガネ

弱視等治療用眼鏡を買う前に一読 総集編

子供メガネ(弱視等治療用眼鏡)買う前に一読すべき項目をまとめました。成長過程の眼、目で見ても実は脳で見て認識、日頃の行動様式に注意など、これまでの記事をまとめた総集編的内容。
ブログ

子供メガネ買う前に一読! シリーズ1

子供メガネ買う前に一読! シリーズ1 弱視等治療用眼鏡を買う前に一読 総集編 子供メガネ買う前に一読! シリーズ2 子供メガネ買う前に一読!  まず、このお話は、弱視治療(じゃくしちりょう)の内、屈折異常(くっせついじょう)...
タイトルとURLをコピーしました