head_img
head_img

「プリズム矯正」の記事一覧

複視矯正(脳幹出血)

2020年5月23日

複視矯正(脳幹出血)

脳幹出血(手術不能部位)発症 4/25退院、血圧降圧剤服用中、退院後像が二重に見え業務で車を運転したりするのに大きな支障がありこれを直ぐに解決したい。


せめて原付免許でも (眼振)

2020年5月18日

せめて原付免許でも (眼振)

せめて原付免許でも (眼振) 大阪府 岸和田市 49歳 男性 眼振 ユーザーの話 強い先天性の眼振があり視力に障害があり某医科大脳外科で眼振の手術を受け、眼振は依然残っているが改善した。自動車免許までとは願わずとも最低限原付免許合格できる視力0.5を確保し運転免許を取りたい。今の眼鏡チェーン店で作っ ・・・続きを読む


複視 脳幹出血(手術不能部位)による【実施例200428】 

2020年5月9日

複視 脳幹出血(手術不能部位)による【実施例200428】 

複視の状態:見える像は上下左右に分離する複合斜視。両眼で見ると物がダブって見え、左目は斜めに見えて日常生活や仕事に大きな支障が生じている。車の運転ができない。両目を開けてみていられない。複視が生じて以来左目を瞑って生活する習慣になってしまった。ものがダブらず両目を開けてみる生活に戻りたい。


大型運転免許深視力検査がしっかりしない

2020年3月19日

大型運転免許深視力検査がしっかりしない

斜位矯正で両眼視機能を改善できた場合、「片目ずつで見えた視力より両眼視力は良くなる」「車間などの距離感が以前より、より立体的見えて分かりやすくなる」などのメリットが有る。なんとかテスト合格すれば良いとする話が多いが、実は「自分や他人の身の安全のために必要」な視力であると理解されたい。


眼振盪と白内障術後の眼鏡

2020年3月14日

眼振盪と白内障術後の眼鏡

当初、眼振と白内障があり、施設設備の整った神戸の病院をお勧めし難しい眼振のある目の白内障手術は成功。その後の眼鏡矯正を行った事例。装着直後のユーザー感想:「今までと全然違ってよく見える」


両目を開けてられない片目での生活

2020年3月14日

両目を開けてられない片目での生活

白内障の手術前ははっきり良く見えていなかったのでわからなかったが白内障の術後、片目ずつではよく見えるようになった。今度はなぜか物がぼやけ二重に見え(斜視が顕在化)到底両目を開けて生活できない。「やっと両目を開けて生活が出来る。はっきりとよく見えるようになった。」


文字が読み辛い

2020年3月11日

文字が読み辛い

直近の眼鏡は比較的強い外斜視矯正を行っていた。逆に当方検査では弱い内斜視が検出されたが過度に外斜視矯正した影響かとも思われるが、「水平方向のプリズムを抜いたほうが見易い」と被検者の反応に従い外斜位度数は抜いた。ただし定期点検の経過観察で見極めユーザーが必要と認めるのであればレンズを無償で作り直す予定。


【190827実施例】オクルア遮蔽レンズ

2019年9月20日

【190827実施例】オクルア遮蔽レンズ

お客様の話「2019年6月ころ目の筋肉に痛み。合わせて眼瞼下垂が生じ 右目瞳が中央だが左目が左外側へ外れる。見え方が悪く階段の上り下りが困難で日常生活に支障がある。来店動機:百貨店や近所の眼鏡店で眼鏡を作ろうとしたが、『オクルアは平面でないと作れない』と断られた。」ネット検索で当店を知り急遽来店。


【190828実施例】内斜視 12.00⊿

2019年9月20日

【190828実施例】内斜視 12.00⊿

このようなプリズム矯正の場合中心が偏移し合わないと処方のプリズム度数は変化し所定の矯正効果を得れなくなる場合がある。


【実施例190721】体のバランスを取るため両眼視が必要 

2019年8月7日

【実施例190721】体のバランスを取るため両眼視が必要 

2018//02/09 小脳出血により下肢に麻痺が生じて車椅子の生活。視神経に異常が生じ複視になっており眼科で処方された眼鏡を持つがモノがダブったりぼやけて見え日常の生活に困難がある。そのため常に左目を手で押さえ片目で見る不自由な生活を強いられている。眼科から片眼遮蔽を勧められたが両眼視が必要。車椅子であるが身体機能回復リハビリの為体のバランスを取るため両眼視が必要。また自分で日常生活や読書などの文化的生活の為に近くのものも見たい。


お問合せは、こちらから

ページトップに戻る