head_img
head_img

「プリズム」の記事一覧

仕事に集中できない(隠れ複合斜視)

2020年5月23日

仕事に集中できない(隠れ複合斜視)

仕事に集中できない(隠れ複合斜視)主訴:PC作業等に集中できず大変困っている。 オンライン授業用のレジュメ(レジメ )などの資料作成に集中できず困難をきたしており肩こりもある。遠近両用ソフトコンタクト使用中。左目に乱視が有る。前日からコンタクト使用を中止指示を眼科から受けた。今持っている眼鏡はどれも快適と言えないがなんとか使ってきた。大きな仕事を抱え毎日が耐えきれなくなってきている。なんとかならないだろうか?


せめて原付免許でも (眼振)

2020年5月18日

せめて原付免許でも (眼振)

せめて原付免許でも (眼振) 大阪府 岸和田市 49歳 男性 眼振 ユーザーの話 強い先天性の眼振があり視力に障害があり某医科大脳外科で眼振の手術を受け、眼振は依然残っているが改善した。自動車免許までとは願わずとも最低限原付免許合格できる視力0.5を確保し運転免許を取りたい。今の眼鏡チェーン店で作っ ・・・続きを読む


大型運転免許深視力検査がしっかりしない

2020年3月19日

大型運転免許深視力検査がしっかりしない

斜位矯正で両眼視機能を改善できた場合、「片目ずつで見えた視力より両眼視力は良くなる」「車間などの距離感が以前より、より立体的見えて分かりやすくなる」などのメリットが有る。なんとかテスト合格すれば良いとする話が多いが、実は「自分や他人の身の安全のために必要」な視力であると理解されたい。


想像を絶する視力状態

2016年5月12日

想像を絶する視力状態

仮にあなたの家族の誰かが斜視だという場合、単純に「そうなんだと」と言うぐらいでしょうが、 実は想像を絶する視力状態 がよくあります。本人の見え方は、外から見てわからず分かりにくい、本人も説明が難しいし苦しい。身近な家族さえ本人の説明に理解ができない事が少なくない。逆の状態をテストフレームで家族の方にかけさせ体験すると、殆どの場合ビックリされます。見るのと聞くのとは全然異なります。


お問合せは、こちらから

ページトップに戻る