厚み軽減

強度近視・遠視・乱視の実施例

近くが見難い 強度近視 遠近両用眼鏡

角膜に高次収差や角膜乱視・水晶体乱視もなく視力に影響を及ぼす乱視矯正は無用と判断。複雑斜視が原因と思われるのでプリズム矯正を従位眼に負荷し遠見・近見の見え方を自覚確認し度数決定。
タイトルとURLをコピーしました