大阪市内在住

レンズについて

【190827実施例】オクルア遮蔽レンズ

主訴「2019年6月ころ目の筋肉に痛み。合わせて眼瞼下垂が生じ 右目瞳は中央に位置するが左目が左外側へ外れる。見え方が悪く(2重に見えボヤける)階段の上り下りが困難で日常生活に支障がある。」来店動機:百貨店や近所の眼鏡専門店で眼鏡を作ろうと各所を訪問した。しかしこれらの眼鏡店は知識情報の不足から「オクルアは平面でないと作れない」と断られた。ネット検索で当店を知りお問い合わせの上急遽来店された。論眼鏡の左右レンズの重量バランスを考慮する眼科医の配慮で遮蔽レンズにも関わらず、あえて度数を入れたケースであった。レンズメーカーも同様の情報提供を行っている。眼鏡店のお粗末な知識不足=無知が原因していたケース。
子供の弱視治療メガネ

【実施例】 調節性内斜視 比較的強い遠視性乱視

調節性内斜視 比較的強い遠視性乱視 大阪市内在住 8歳 女児 当初他店で弱視治療眼鏡を調整するも弱視治療進度が芳しくなく、当店で眼鏡をお世話し弱視治療は無事完了。運動などでレンズに傷がつき継続し調節性内斜視(目の屈折異常を補正すると眼位は正常になる)のため継続し眼鏡装着の必要性。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

障害者の方へ

 障害者の方へ  ユーザー 大阪市内在住 56歳 女性 主訴 網膜色素変性症 1)暗がりなどで見えにくなる 2)視野が狭い、 3)視力の低下等 障害者の方へ 当店は、障害者への補装具給付契約業者(補装具費代理受...
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

レンズが全反射し生じる死角

子供メガネ 何気なく掛けている遠視性の子供メガネ、実はレンズが特定の角度で全反射し見えない死角があるのをご存知だろうか? レンズが反射し見えない角度 眼鏡従事者は、注意指導を怠ってはならない。突然視野に車など見えるようになり驚く場合があり、ビックリ現象とも呼ばれている現象。
タイトルとURLをコピーしました