定期点検

いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

よく見える 家族の支えが視力を解決

家族の支え 家族の諦めない努力が高齢の母親を助け支えている良い例です。 ご高齢のため安全のためにもよく見える眼鏡は必要。 目は大切な感覚器、よく見えない場合生命への危険につながります。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

作ってよかった

どこで作ってもよく見える眼鏡に出会えずあきらめていた。当店でよく見えるようになった知人から似たような症状で一度行って見るよう勧められご来店。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

難しい眼鏡

メガネでお困りの方全てに共通して言えること・・・ まずご自身が諦めず前向きになんとかしようとネット等で検索し、 訴求するところから、解決へ至っている場合が殆どという感じです。
子供の弱視治療メガネ

不同視 像位置の変移

レンズのどこを通して見ても同じように見える?一般にこの誤解が大変多い。それならばメガネはどこで作ろうと同じということになるが・・・そうではない。写真を見る限り見る位置のズレは小さく大したことがないように見かけ見えてもユーザーは、ある程度目の角度補正で見ることが可能な場合もある。しかしこのようなズレが生じれば目の痛みや頭痛を覚えることが多い。 子供は一般に違和感を訴える事ができない。
お目目とレンズの中心の話

こどもメガネの品質

こどもメガネの品質 目とレンズ光学中心の一致は大変重要なファクターです。これ一つで子供の弱視治療がうまくいくか行かないか、早く弱視治療が進むかの決め手になる場合があります。
お目目とレンズの中心の話

子供メガネ買う前に一読! シリーズ2

問題点 1)超弾性金属を使用しても線材が細く柔らかすぎて、形状を保つことができないフニャフニャ、子供メガネとしては全く適さない。 2)耳かけ部分に使用されたズレ防止のシリコンゴムのストッパーは、調整技術(ちょうせいぎじゅつ)を持たない素人が思いつくガラクタ!その場凌(しの)ぎのオモチャ。 調整放棄(ちょうせいほうき)する全く雑なものです。 これが原因で連動しメガネの高さの左右バランスを壊し、結果レンズ中心を狂わせ、とんでもない上下斜位を生じ、子供に苦痛を及ぼしていた。 このシリコンゴムの悪玉ストッパー、いつでもどこでも常にこれと同じ問題を巻き起こしています。絶対に買わない・使わない!
タイトルとURLをコピーしました