強度内斜視

複視(斜視)矯正現場より

【190828実施例】内斜視 12.00⊿

このようなプリズム矯正の場合中心が偏移し合わないと処方のプリズム度数は変化し所定の矯正効果を得れなくなる場合がある。
色覚異常(色弱・色盲)

【実施例】強度の内斜視 遠視性乱視と近視性乱視

重要な役割をになう黄斑(おうはん) フィルムの役割をしている網膜の中でも、視力をつかさどる重要な視細胞が集中している黄斑(おうはん)と呼ばれる中心部分は、ものを見るために一番重要な部分で、ものの形、大きさ、色、奥行などの光の情報の大半を識別しており、斜視などにより黄斑部に結像しない場合色の見分けや視力が不良になる。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

アドバイスを信じ我慢

両眼視出来ない、右目を瞑って見ることが多い。パソコン作業がしにくく文字が見難い。時間とともに治る場合があるというアドバイスを信じ我慢してきた。当初と変わらず、改善の見込みが無い。主訴から、中距離のパソコンから手元までの近業用 : 中近のメガネ
可能性へのチャレンジ・この店どんなメガネ作れるん

アフターケアー合計23.00度 強度内斜視と上下斜視

左右差がある H15~22年ごろから異常を感じていた 眼科処方箋(しょほうせん)により最寄(もよ)りの安売りメガネチェーン店Mで作った眼鏡を掛けると眼球(がんきゅう)が痛く長時間仕事(中間管理職・事務職)を続けていられないとのこと。
強度近視・遠視・乱視の実施例

アフターケアー 定期点検 強度内斜視

特殊な度数だけに自分の目のタイプを知りどうすればよいか理解することは、これからの人生をどう生きていくかに関わる大変重要な意味を持ちます。
タイトルとURLをコピーしました