強度近視性乱視

いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

【実施例200109】メガネを軽く薄く

使用中のウスカル眼鏡「4年前購入したウスカル・メガネは少し使用したが、眼鏡を掛けて読書しようとしても左目だけ文字を見ていて強い不快感が有りよほどのことがない限り使用していない」「遠くも近くも見にくく近くは左目だけで見て右目は見ていないる感じ、右と左で文字が見える距離が極端に違う」新しく作られた眼鏡「遠くがこれだけ違和感無くスッキリよく見え感動的、今まで使っていなかった右目が生き返った感じに思わず感動を覚えた。パソコンや読みたかった単行本も一つの眼鏡でこれだけ楽に読めるものだと思わなかった」
眼鏡フレームについて

水中メガネ 

これからの時期学校で水泳の時間によく見えないので度数入りの水中ゴーグルを保護者が所望され制作した事例。水中メガネ場合少し度数を落とします。
強度近視・遠視・乱視の実施例

遠くが見難く運転に支障

両眼とも正確に度数が合わない眼鏡が原因し遠くも近くも見えない。使用中の眼鏡は、右弱矯正、左利き目側は近視だが過矯正により遠視と同じ特徴的な【遠くも近くも見難い】状態で度数が合っていなかった。ユーザー「楽に遠くも近くも見える様になり、右眼が機能している感じで若干距離感も良くなった」。
遠近・中近・近々の両用

あるお客様への対応と経過

主訴 1)ぼやけてみにくい 肩こりが去年よりひどい 2)PC作業を1~2時間ほどしているが続けて作業できない 3)階段の昇り降りが怖く歩くのがフワフワし歩きにくい、 4)足元の見え方が怖いので手押し車を使っている。かかりつけの眼科に相談するも原因不明
タイトルとURLをコピーしました