head_img
head_img

「斜視」の記事一覧

複視 交通事故による後遺症 強い内斜視

2018年8月8日

複視 交通事故による後遺症 強い内斜視

複視消失、はっきりと鮮明によく見えるようになった。以前のように近くを見る時眼鏡をかけたり外したりせず、眼鏡のフロント部を跳ね上げることが出来るので便利である。


S+18.00弱視の方必見、ウスくカルく

2018年7月19日

S+18.00弱視の方必見、ウスくカルく

弱視、 S+18.00弱視の方必見、ウスくカルく そして内斜視の矯正  比較するより良く見える眼鏡を知らなければ、弱視だからこんな見え方だと思いこんでいる場合が多い。視力矯正に関わる従事者の技量や妥協の産物かもしれない場合がある。ユーザーが一歩踏み込んで受ける我々が最善を尽くせばより良い見え方を享受 ・・・続きを読む


文字が読めない

2017年12月28日

文字が読めない

ドラスティック(抜本的な)な視力改善 文字が読めない ・ ひどい肩こり 原因:強い内斜視 68歳 女性 岡山県ご在住 主訴 強い肩こり と 近くのものが殆ど見えず、読み書きや針仕事などできない。困窮度が高く著名な整体師から眼位異常の可能性を指摘されご来店。 本人は理由不明でただ4~5年前から近くが見 ・・・続きを読む


遠くも近くも見難い 外斜視が実は内斜視

2017年12月28日

遠くも近くも見難い 外斜視が実は内斜視

遠くも近くも見難い 強い外斜視眼鏡が実は内斜視だった。 合わない眼鏡を長年使用 31歳 男性 奈良県ご在住 主訴 10年前学生時代に愛知県で斜視矯正の眼鏡を作って、使用当初違和感が強かったが慣れて使用してきたが遠くも近くも見難く、運転に支障があるのでネット検索し当店を知りご来店され改めて度数測定を行 ・・・続きを読む


極強度の内斜視  32.00⊿プリズムディオプター

2017年12月27日

極強度の内斜視  32.00⊿プリズムディオプター

 極強度の内斜視   32.00プリズムディオプター   奈良県 50代 男性 【実施例】極強度の内斜視 32.00プリズムディオプター 長年お世話させていただいている顧客の定期点検検査で内斜視の変化があり対応した直近の事例です。 この32.00⊿プリズムディオプターを弾き出すためどのよう ・・・続きを読む


【実施例】強度の内斜視 遠視性乱視と近視性乱視

2017年12月27日

【実施例】強度の内斜視 遠視性乱視と近視性乱視

三重県 60代 男性 ユーザー様の 来店時見え方などの詳しい経過説明 <眼・視力関係状態メモ> ・出生時:機器が右眼に当たり、角膜に傷。(後年に角膜白斑と診断される。〉 ・小学校入学時:視力検査で右眼では文字が読めないことが判明。 ・中学2年生頃:左眼の視力値下により眼鏡使用開始。〈右眼 ・・・続きを読む


肩こりと近くが見難い【実施例】近視性乱視+外斜視

2017年12月8日

肩こりと近くが見難い【実施例】近視性乱視+外斜視

2017/11/18 大阪市 30歳台 男性 会計事務 【主訴】 近く(遠くも)が見難く、ひどい肩こりと眼痛、辛くて長く事務仕事を続けられない。家族歴として妹さんが外斜視で同等の問題があった。 使用中の眼鏡 右 S-3.50 左 S-4.00 単焦点レンズのメガネを長年使用、使用中の眼鏡調整時遠くを ・・・続きを読む


近くが見難い

2017年10月8日

近くが見難い

近くが見難い 強度近視  当方の測定から見れば、使用中の眼鏡は遠見度数に対して両眼とも+1.50の弱矯正でこの程度で弱い老眼鏡状態である。では何故近くが見難いか?を考えた。 兵庫県 53歳 男性 主訴 近くが見難い 使用中の眼鏡度数 右 S-12.00 C-0.25 A97 左 S-10.50 &n ・・・続きを読む


遠くが見難く運転に支障

2017年10月8日

遠くが見難く運転に支障

遠くが見難く運転に支障 、昔から直ぐ度数が変わる 兵庫県 65歳 男性 使用中の眼鏡詳細 強度近視性乱視 不同視(左右の度数差が大きい) 右 S-9.25 C-0.75 A87 左 S-7.50 C-1.25 A90 主訴 遠くが見難く運転に支障、PCや手元が見にくい、昔から直ぐ度数が変わる 測定 ・・・続きを読む


子供の頭痛

2017年6月21日

子供の頭痛

子供の頭痛と眼鏡 大阪市内 12歳 男子 来店経緯 弱視矯正でお世話したお客様に眼鏡から生じる頭痛の話をしていたところ長らく頭痛で困っている知人にご紹介頂きご来店。 長らく頭痛があり、内科・循環器系でCTやMRIで検査するも原因不明、対処療法として頭痛薬服用してきた。 頭痛がなくなったので徐々に頭痛 ・・・続きを読む




ページトップに戻る