head_img
head_img

「眼鏡フレーム」の記事一覧

貰った処方箋はしっかりと理解しましょう

2020年1月26日

貰った処方箋はしっかりと理解しましょう

見逃してはならない日常起こりやすい眼鏡のズレ:仮に、目の中心とレンズ光学中心が何らかの理由でメガネフレームが1cmずれ下がるだけで、左右それぞれで見る対象物の位置が上下にズレてしまいます。専門的には上下の不正プリズムが生じると言い、見ようとする対象物の像が子供から僅か1mのところで両目を開けてみた時高さにおいて7.5cm差が生じることを意味する。


顕著な上下斜位の自覚

2017年3月17日

顕著な上下斜位の自覚

本人に 顕著な上下斜位の自覚 目に眼病(滲出型加齢黄斑変性)を患い、像が上下にぶれて見えるので改善したいとのことでご来店 主訴 左50歳時、右55歳時人口水晶体挿入術眼、後に後発性白内障を生じレーザー治療。顕著な上下にブレて見え不快 黄斑変性症で現在抗VGF眼球注射治療中だという。 改善 検査後、軽 ・・・続きを読む


ページトップに戻る