矯正視力

お目目とレンズの中心の話

貰った処方箋はしっかりと理解しましょう

見逃してはならない日常起こりやすい眼鏡のズレ:仮に、目の中心とレンズ光学中心が何らかの理由でメガネフレームが1cmずれ下がるだけで、左右それぞれで見る対象物の位置が上下にズレてしまいます。専門的には上下の不正プリズムが生じると言い、見ようとする対象物の像が子供から僅か1mのところで両目を開けてみた時高さにおいて7.5cm差が生じることを意味する。
子供の弱視治療メガネ

【実施例190202】かなり強度の不同視弱視 5歳

弱視のタイプ : 不同視弱視 左右の度数差が2.00ディオプター以上を不同視と呼ぶが、このケースでは7.75ディオプターの差がありかなり注意を要する。保護者に説明済み。
ブログ

視力と処方箋の読み方

視力と処方箋の読み方について解説するページです。視力は見え方を表現する相対数値であることを説明し、視力検査・乱視・老眼・斜視などについてまとめました。
複視(斜視)矯正現場より

内斜視強烈 38.50⊿

眼科でこのような眼鏡は作れない・・・と言われた。モノがダブって見え、運転などでは車線が2重に見えて危なくて車の運転が困難。高校生の頃から見え方が変な感じで最近見にくくなってきて眼科に行ったが「このような眼鏡は作れない」と言われグーグル検索で当店を見つけ来店。
色覚異常(色弱・色盲)

【実施例】強度の内斜視 遠視性乱視と近視性乱視

重要な役割をになう黄斑(おうはん) フィルムの役割をしている網膜の中でも、視力をつかさどる重要な視細胞が集中している黄斑(おうはん)と呼ばれる中心部分は、ものを見るために一番重要な部分で、ものの形、大きさ、色、奥行などの光の情報の大半を識別しており、斜視などにより黄斑部に結像しない場合色の見分けや視力が不良になる。
強度近視・遠視・乱視の実施例

車がないとたちまち 生活に大きな支障 が

黄斑円孔と網膜剥離の既往歴のある患者。運転免許がないと生活に大きな支障。
遠近・中近・近々の両用

あるお客様への対応と経過

主訴 1)ぼやけてみにくい 肩こりが去年よりひどい 2)PC作業を1~2時間ほどしているが続けて作業できない 3)階段の昇り降りが怖く歩くのがフワフワし歩きにくい、 4)足元の見え方が怖いので手押し車を使っている。かかりつけの眼科に相談するも原因不明
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

運転免許視力試験合格  眼振

プリズム レンズ 運転免許視力試験合格 眼震盪 いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡 - 大分日が経ってから普通運転免許合格、喜びの連絡があった。
お目目とレンズの中心の話

子供メガネ買う前に一読! シリーズ2

問題点 1)超弾性金属を使用しても線材が細く柔らかすぎて、形状を保つことができないフニャフニャ、子供メガネとしては全く適さない。 2)耳かけ部分に使用されたズレ防止のシリコンゴムのストッパーは、調整技術(ちょうせいぎじゅつ)を持たない素人が思いつくガラクタ!その場凌(しの)ぎのオモチャ。 調整放棄(ちょうせいほうき)する全く雑なものです。 これが原因で連動しメガネの高さの左右バランスを壊し、結果レンズ中心を狂わせ、とんでもない上下斜位を生じ、子供に苦痛を及ぼしていた。 このシリコンゴムの悪玉ストッパー、いつでもどこでも常にこれと同じ問題を巻き起こしています。絶対に買わない・使わない!
視力と度数ってどんなん

視力(しりょく)とは

視力(しりょく)とはなにかについて解説。裸眼視力、矯正視力の違い。弱視(じゃくし)、乱視 老眼、斜視などについて
タイトルとURLをコピーしました