head_img
head_img

「老眼鏡」の記事一覧

不同視 (眼震盪あり)

2019年6月22日

不同視 (眼震盪あり)

先天性の眼震盪があり、少しでも今より見えるようにとの希望で1年ほど前より検査と相談を行って来た。白内障があように思われたので設備の整った神戸アイセンターで検診をお勧めし、診察後右目の白内障を人工水晶体挿入術を受け以前に比べよく見えるようになり、眼鏡処方に基づき近用眼鏡を調整した。


家族の支えが解決する視力 1

2016年6月17日

家族の支えが解決する視力 1

 家族の支えが解決する視力 よく見える 物がダブって見える 新聞が読みづらい 大阪市内在住  90歳 女性 ご来店の動機 ご家族の説明 「母親が10年前白内障の手術を受け、 その後 「右が高くダブって見える」 2015年の時点で 「今年に入ってから酷くなった。見難い」 「階段がよく見えず怖い、つまづ ・・・続きを読む


【実施例】 レンズを薄く軽く 遠視性乱視の場合

2016年4月16日

【実施例】 レンズを薄く軽く 遠視性乱視の場合

  大阪市内 72歳女性 よく見える老眼鏡(近用・遠視性乱視)を軽く作って欲しい。 右 S+3.25C-0.50A75 左 S+3.25C-0.50A115 瞳孔間距離 57mm このような遠視性乱視のレンズは、出来上がっている一般レンズを使用する場合、近視のレンズと異なり決められた厚みを ・・・続きを読む




ページトップに戻る