head_img
head_img
  •  

「遠近両用メガネ」の記事一覧

【実施例】幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない

2017年6月12日

【実施例】幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない

大阪府 60歳 男性 主訴 乱視の矯正 2週間前に遠近両用眼鏡を安売りチェーン店で作ったが、依然1メータ先のモニターの文字が読み難く、常に目が疲れる、勘に頼って作業をしている。乱視に問題がある感じでその矯正。 1)使用中の眼鏡 境目のない遠近両用眼鏡を中心を上にしてもらって使っている。(本人の希望で ・・・続きを読む


色んな眼病(パーキンス病)に対応した眼鏡

2017年4月9日

色んな眼病(パーキンス病)に対応した眼鏡

パーキンス病 (6年前羅患)兵庫県 女性 64歳 改善点 使用中の遠近両用メガネが掛けていて文字がよく見えない、疲れる等の問題を訴えていた。 併せ持つパーキンス病に依るものかと半分諦めていたが、眼鏡を装着し検査した結果、眼鏡の持つ基本的な商品不透明性とレンズ中心のユーザー確認のない言い換えるとレンズ ・・・続きを読む


レンズ中心の不一致

2016年12月2日

レンズ中心の不一致

直近の中心不一致の事例 いずれも他店品です。 遠近両用メガネの場合 岡山県から同時にお二方がご来店  2017/03 いずれもグリーン◯の位置がレンズの遠用中心、角膜頂点が白く光っていますがここが一般的には目の中心ということになります。よく見えないということでわざわざ遠方からご来店頂き新たに調整いた ・・・続きを読む


目とレンズの中心が全然合っていない【観察・測定検査】

2016年9月18日

目とレンズの中心が全然合っていない【観察・測定検査】

目とレンズの中心が全く合っていない 目とレンズ中心が全然合っていない例 51歳 女性 営業職 高齢化に伴い人口構成で老眼人口が増え遠近両用メガネを掛けている方が大変多くなりました。 このような機能性レンズは、大前提として目とレンズ中心が一致することによってレンズの持つ便利な機能性すなわち遠くと近くが ・・・続きを読む


【実施例】14K金無垢フレーム ホワイトゴールド製

2016年5月3日

【実施例】14K金無垢フレーム ホワイトゴールド製

大阪市内 ご在住 会社経営 PG・目的 白内障術後 遠近両用 利目: 右 R= 裸眼 0.3 矯正 1.2XS + 0.50C – 1.75A80 (R)ADD +  2.75 L= 裸眼 0.2 矯正 1.2XS + 1.25C – 2.25A120 (L)ADD + 2. ・・・続きを読む


【実施例】 遠近両用 遠視性乱視

2016年3月18日

【実施例】 遠近両用 遠視性乱視

【実施例】遠視性乱視 遠近両用メガネ(累進屈折力眼鏡) ユーザー 大阪市内 68歳 男性  車椅子来店 度数 右 S + 3.50C – 1.00A90 加入 + 2.25 左 S + 3.25C – 0.75A90 加入 + 2.25 瞳孔間距離 62mm ご希望:できるだ ・・・続きを読む




ページトップに戻る