加齢黄斑変性症

ブログ

見えるよろこび

ノバルティスファーマーの「 見えるよろこび 」に掲載されました。
加齢黄斑変性症

顕著な上下斜位の自覚

眼鏡フレームは、装着時人の多様性による耳の高さなど影響を受ける事が多い。目の中心位置をフレーム上に正確に捉えず無造作に作ると以後目とレンズ中心が合わず不快感や装着時の美観を損ねる場合が少なくない。フレーム装着時、顔へのバランスを本人確認し後に視線経由点を特許技術の自他覚測定法により精度良く中心を測定し眼鏡に反映した。
ブログ

オリジナル遮光眼鏡枠

レンズやユーザーを知らない独善孤高の眼鏡デザイナー 眼鏡のデザインとは、まず機能性から始まり、補足的に装着後の美観などを熟慮すべきである。 しかし、眼鏡フレームのデザイナーは、ユーザーが使用する度数メガネを作った経験のある者がどれほどいるか? 過去著名な眼鏡デザイナーとの接触した経験で知るが、残念ながらこの一番肝心なレンズや人の目のタイプに関する知識経験は、素人と同じお粗末な状態である。 まして、レンズについては全く理解がない。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

変視症 ・中心暗点へのアプローチ

黄斑変性症・緑内障など色んな眼病が原因で、網膜の黄斑部にシワが寄ったり変形すると見え方がおかしくなる場合がある。 光学的原理応用しメガネや光学機器で多少見え方を改善できる場合があります。 ここでその方法などについてあえて詳しく言及せずまた実施例も例示しません。 お困りの方へはご来店頂ければ当方が独自で提供する方法をご自身の目で確かめていただくことが出来ます。 なかんずく、モノがユガんで見える場合、自分の知る限り眼科でその応対方法がないのが現実です 独自の改善策です。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

患者会 関西黄斑変性友の会 新聞記事

患者会 NPO法人 黄斑変性友の会 ⇒ NPO法人 関西黄斑変性友の会ホームページ  https://amdkansai.org 黄斑変性友の会 は、黄斑変性 や加齢黄斑変性 の患者の方への NPO法人化 された 患者会 です。
タイトルとURLをコピーしました