head_img
head_img

特殊メガネに対応。あなたの眼の状況に合わせて最善のメガネをお作りします

大阪市生野区にあるメガネの専門店「めがねのホシノ」です。

店主は40年のキャリアをもつベテランのメガネ職人。ほかの店では対応できないような難しい特殊メガネの製作も実現してきました。
お客様一人ひとりの眼の状況を精密に計測し、最適のレンズとフレームへと仕上げます。まずは気軽にご相談ください。

普通のメガネでは見えにくくてお困りの方に ~特殊メガネの製作~

弱視・色弱・複視・遠近両用・子供用など一般的なメガネのほかに、難度の高い特殊眼鏡も製作します。

弱視など子供用の治療メガネ(0歳~)
強度近視・遠視・乱視などの矯正用メガネ
色覚異常(色弱・色盲)矯正用のメガネ
色覚異常(色弱・色盲)矯正用のメガネ
遠近両用・中近両用・近両用々などを
組み合わせたメガネ
特殊なレンズ・フレームの製作など

特殊度数・斜視強度プリズムレンズ矯正・強度乱視・強度近視・加齢黄斑変性症・術後眼鏡など、さまざまな症状にあったメガネを製造してノウハウを蓄積してきました。
上記の例のほかにも、さまざま目の症状に対応する眼鏡をご提供します。

「めがねのホシノ」店主のご紹介

店主:星野龍一。父親がメガネ店を営んでいたことから、学生時代よりメガネ職人の道に入り、約40年のキャリアを積んできました。
メーカーまかせにするのではなく、自ら創意工夫してクオリティの高いメガネを作ることを信条としています。
他店のメガネでは見えにくかったお客さんが、うちのメガネで「よく見えるようになった」と言ってもらえるのが喜びです。

ギネスブック認定・特許取得・グッドデザイン賞など
独自製品や技術の開発にも積極的に取り組んでいます。
コンパクトなメガネ「スーパーヘルパーライト」はグッドデザイン賞中小企業庁長官特別賞をいただき、世界最軽量のメガネとして当時のギネスブックにも認定されました。
孔とレンズの光学中心を一致させて計測する「瞳孔中心確認記録装置」は、日米ほか各国の特許を取得しました。

お店は予約制です

当店は予約制です。ご来店前に、必ずお電話またはメールにてご連絡をお願いいたします。
【営業時間】 平日の9:00~12:00、13:00~17:00
【定休日】 日曜・祝日・年末年始・お盆休み
【所在地】 〒544-0005 大阪市生野区中川2-7-19
【電話番号】 06-6756-8585
【メール】 メールでのお問い合わせはコチラ

大学病院・各眼科などの眼科処方箋も取り扱います。大阪市の補装具供給契約業者です(生活保護・視覚障がい者など)。

 

お知らせ

2020.01.01

チベット 梅里雪山
チベット 梅里雪山

お知らせ

2月の休業

2月4日(火)と5日(水)の両日臨時休業します。

 


最新記事 

初めての子供メガネを買う前に一読 親が事前に知るべきこと 総集編 

弱視とは一体何で、視力は子供のどこで作られ弱視治療を促進するには、フレームは壊れたりすることがないか、壊れたらどうするか、店の対応は?メンテナンスは必要かどうするか? メガネを掛けていたらそれで安心? 心配や疑問は山ほど有ると思います。 読みづらいかもしれませんしが少しでもお役に立てればと願い書き連ねています。

● 最近16~19歳の大学受験で長時間机に向かっていられない集中できない、文字がぼやけるダブって見える、目の異常から肩が凝って仕方がないという方が増えており予約で視力相談や検査を無料で行ってます。ご利用下さい。
● 子どもたちが長時間スマートフォンや任天堂のゲームをして、遠くのものがダブって見えるケースが増えています。相談受けます。要予約。

 

 

ブログ最新記事

【実施例191225】物がダブったりボヤケて見える 複合斜視 New!

2020年1月23日

【実施例191225】物がダブったりボヤケて見える 複合斜視 【実施例191225】物がダブったりボヤケて見える 複合斜視 大阪市 都島区 78歳 男性 主訴 テレビがダブって見えたりボヤケて見え不快。遠くもそうだが日常生活に支障がある。どこで診てもらっても合わせてもらえない。日常生活を楽にできる眼鏡が欲しい。 測定結果 斜視に関し:見かけ上 極端な眼位の異常 ・・・続きを読む

【実施例200118】怪我による強い乱視 運転免許更新

2020年1月23日

【実施例200118】怪我による強い乱視 運転免許更新 改善点 右 乱視軸が現在の目と合っていない、乱視度数が少し強すぎる 左 乱視度数が不足気味で乱視軸が合っていない、乱視度数を強めたため球面度数が過矯正気味になるので減度

【実施例191214】ロービジョン対応

2019年12月22日

【実施例191214】ロービジョン対応 ロービジョンに対応した眼鏡制作の実例、近くの文字などが見難くルーペを使用してきたが手がふさがるので両手が使える眼鏡が必要というユーザーの要望に合わせ眼科処方されたものを制作した。市販されている老眼鏡のようなルーペグラス(瞳孔間距離が既製品のため人の目とは合わず水平方向にプリズムが生じる、目に合わないものを長期使用すると後天的な斜視を形成する)とは全く異なる点すなわちルーペ元来の概念すなわち両眼使用で生じるプリズムを生じさせない「片眼使用」を目的とする。

【ご相談】2歳の子供がメガネを掛けたがらない

2019年12月9日

【ご相談】2歳の子供がメガネを掛けたがらない 赤ちゃんと変わらない難しい年齢だが、最初の眼鏡導入に失敗していると考えられる。この年代の来客が多いが、眼鏡の装着は基本的無理強いせず、短くて1週間~1ヶ月ほど嫌がるなら自分で眼鏡を外すのを自由にさせ、頃合いを見てまた掛けさせる繰り返しを保護者が行い、やがて本人がよく見えると分かれば自ら眼鏡をかけるまで気長に待つのが一般的である。しかしこのケースでは小生の考えでは、強制性の強いバンドと何らかの扱いに依る中心の狂いに依る見え方の悪さから掛けさせようとする行為が一定のトラウマを作り眼鏡装着を忌避させていると考えられる。

【実施例191015】 子供の成長変化

2019年11月7日

【実施例191015】 子供の成長変化 成長により子供の瞳孔間距離は変化する。1年前の瞳孔間距離51.0mmは、一年後54.0mmに変化したため作り直しを眼科から処方され作り直しを行った。屈折度数は変化なく前のままである。右S+8.50C-1.00A180     左S+8.50C-1.00A180       瞳孔間距離: 54mm

【実施例190914】強膜バックリング後の眼鏡

2019年9月25日

【実施例190914】強膜バックリング後の眼鏡 見難さ・違和感・飛蚊症が増えた・頭痛・閃輝暗点などが徐々にひどくなってきたので眼科へ行った。まさかと思った:最初医師から黄斑前膜ができていると言われ、まだまだ網膜は剥がれないと言われたが、二度目の診察で剥がれていた。眼科で:右目 黄斑前膜と黄斑裂孔のため強膜にシリコンスポンジで強膜バックリング挿入術を受けた。術後像が大きく、黄色く見える。飛蚊症が依然酷い。像が大きく・ギザが見える。左目 モヤが掛かったように見える。目が疲れやすい。両目で見たとき:飛蚊症が見える。

無水晶体眼のカナダのお客様

2019年9月24日

無水晶体眼のカナダのお客様 無水晶体眼のカナダのお客様 カナダから眼鏡がどうしても快適でなく困っているということで来日し眼鏡の注文。事前にメールで打ち合わせなどを行ってきた。 ユーザー詳細 カナダ・ウィニペグ在住 女性 42歳 先天性白内障による無水晶体眼、慢性蓄膿症、接触過敏症 (無水晶体眼=疑似調節力を持つ場合もあるが基本 ・・・続きを読む

【190827実施例】オクルア遮蔽レンズ

2019年9月20日

【190827実施例】オクルア遮蔽レンズ お客様の話「2019年6月ころ目の筋肉に痛み。合わせて眼瞼下垂が生じ 右目瞳が中央だが左目が左外側へ外れる。見え方が悪く階段の上り下りが困難で日常生活に支障がある。来店動機:百貨店や近所の眼鏡店で眼鏡を作ろうとしたが、『オクルアは平面でないと作れない』と断られた。」ネット検索で当店を知り急遽来店。

【190828実施例】内斜視 12.00⊿

2019年9月20日

【190828実施例】内斜視 12.00⊿ このようなプリズム矯正の場合中心が偏移し合わないと処方のプリズム度数は変化し所定の矯正効果を得れなくなる場合がある。

【実施例190721】体のバランスを取るため両眼視が必要 

2019年8月7日

【実施例190721】体のバランスを取るため両眼視が必要  2018//02/09 小脳出血により下肢に麻痺が生じて車椅子の生活。視神経に異常が生じ複視になっており眼科で処方された眼鏡を持つがモノがダブったりぼやけて見え日常の生活に困難がある。そのため常に左目を手で押さえ片目で見る不自由な生活を強いられている。眼科から片眼遮蔽を勧められたが両眼視が必要。車椅子であるが身体機能回復リハビリの為体のバランスを取るため両眼視が必要。また自分で日常生活や読書などの文化的生活の為に近くのものも見たい。

 

ページトップに戻る