head_img
head_img

お目目とレンズの中心の話

赤ちゃんのメガネ 大きな度数差 不同視

2018年8月4日

赤ちゃんのメガネ 大きな度数差 不同視

処方箋に書かれた通りに作れば眼鏡店の責任は逃れられるかもしれません。しかし処方箋には医師が期待し書かれていない不文律の守るべき点、言い換えると光学原理を解しそれに基づく眼鏡を作る責任のあるものです。6歳までお金で買えない限られた貴重な時間を浪費するだけに留まらず、後天的な上下斜視を招来する由々しい可能性がここに潜んでいます。


米国の乱視処方

2018年7月9日

米国の乱視処方

このような度数の差が大きい場合、命題として1)可能な限りレンズ光学中心をユーザーの見る方向に正確に合わせ、2)日常の使用で眼鏡がズレ下がらず中心の狂いが生じにくいいことにある。そのために必要なことは、眼鏡重量が可能な限り軽くしずれ下がらないようにしなければならない点にある。いささかでも目とレンズの中心が合わない、保護者等単純に眼鏡がずり下がっただけと見過ごされやすいが、ずれ下がれば容易に上下プリズムが生じユーザーは強い違和感を覚え、放置していると予期しない後天的な上下斜視を形成する恐れがある。


子供の近視進行予防

2018年3月5日

子供の近視進行予防

 子供の近視進行予防  豊中市 11歳 女子 小学校6年生 近視進行予防レンズ 強度近視性乱視 近視予防眼鏡を眼科で処方したが近視が進むばかり心配なので当店で眼鏡を作りたい。 使用中の眼鏡 改善点 ● 使用中の眼鏡のアイポイントが低すぎるため適正に合わせ機能性を高める。近見調節を軽減する近用部がかな ・・・続きを読む


【実施例】幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない

2017年6月12日

【実施例】幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない

幾つも遠近眼鏡を作ったがどれもよく見えない。よく見えない原因は斜視が原因であった。矯正後違和感なく昔のようによく見えるようになった。


日本眼鏡学 学会発表 星野龍一

2017年6月12日

日本眼鏡学 学会発表 星野龍一

メガネユーザーに不透明な光学中心の一致確認をする手法と視軸とレンズ中心を他覚・自覚で眼鏡デモレンズに記録する装置の紹介
オプティカルデザインホシノ 星野龍一  IXON(特許庁 商標登録第4557820号 所有権:星野龍一)


レンズを薄くする 強い遠視性乱視 S+10.00C-1.00A165

2016年7月13日

レンズを薄くする 強い遠視性乱視 S+10.00C-1.00A165

3歳児健診をすり抜けている

親御さんは、三歳児検診を受けておられ、まさかこのような強い弱視が有るとは夢にも思わず、偶然眼科で発見し弱視治療を5歳から始めることに強い焦りを感じておられる様子でした。

当方の定期点検は、毎月行います。特に度数が強くいささかでもレンズ中心の狂いが生じず、良好な視覚刺激が生じ、視能育成が早期に進むよう願い見守っています。

結果
2017年定期点検で幸いにも弱視治療が進み、視力1.0が出ていおられ親御さん共々喜ばしいことです。


メガネ選びのポイント 【新聞記事協力】

2016年7月11日

メガネ選びのポイント  【新聞記事協力】

レンズと目の中心を合わせる

集中力欠如は眼鏡に原因あり

眼鏡を買うときに重要なポイントがレンズの中心と両目の位置が合っているか。

店員の誘導や店舗の機械で合わせているが、実際には合っていないことが多い。

集中力の欠如や斜視を誘発するおそれがあるので要注意だ。


【実施例】遠近両用眼鏡(累進屈折力眼鏡)遠視性乱視

2016年4月28日

【実施例】遠近両用眼鏡(累進屈折力眼鏡)遠視性乱視

【実施例】遠近両用眼鏡(累進屈折力眼鏡)遠視性乱視についての解説ページ。「遠くが見難くなった 以前のようにハッキリ見えない」となる原因について。


【実施例】心臓外科医の手術用ルーぺ

2016年4月27日

【実施例】心臓外科医の手術用ルーぺ

【実施例】心臓外科医の手術用ルーぺ


こどもメガネの品質

2016年4月22日

こどもメガネの品質

こどもメガネの品質 目とレンズ光学中心の一致は大変重要なファクターです。これ一つで子供の弱視治療がうまくいくか行かないか、早く弱視治療が進むかの決め手になる場合があります。


お問合せは、こちらから

ページトップに戻る