head_img
head_img

CAD作業がしにくい 頭痛・肩こり・眼痛

2016年3月11日
 CAD作業がしにくい 頭痛・肩こり・眼痛 強度の上下斜視と外斜視 大阪市内 44歳 女性 技能職

来店動機

当初ご来店の動機は、ソフトコンタクトレンズ装着しても、文字やキャド画面が見にくいので乱視だと思っていた。 一般的に物がダブって見える場合【乱視】という言葉をよく使われます。しかし殆どの場合斜位による場合が多い。乱視の場合のダブり方は程度のものであり、明らかな2重に見える場合は斜位を疑ったほうが問題解決に至りやすいかと思う。また斜位・斜視で明らかな2重に見える場合もありますが、殆どの場合ぼやけて見える・・・症状の訴えにもかかわらず問題解決の緒に至りにくい点でもあります。 ユーザーの話を単純に鵜呑みできない、検査をして確かめる必要のあるゆえんである。よくある例として、目が疲れやすいとPC眼鏡を所望される時、斜視が原因している場合が多い。 このような問題解決は、適切な視力測定の出来る従事者により視力検査で見つけ出さないと解決しにくい。

解決できなかった

あれこれ、あちらこちら長年に亘って眼科や眼鏡店で色々検査をしたり眼鏡を合わせても見えにくく、肩こり・頭痛が酷く、長年得体の知れない理由で悩まされてこられました・・・ ネット検索で当店を知り、当サイトの検査法などや記事を読みもしや【斜視】かと気付かれ来店されて解決に至ったケースです。

問題点

PC CAD作業がし難い

定期検査

優位眼 左 03/11/2017定期点検 当店調整は、手渡し時本人に透明なレンズに中心チェックシールを張り、レンズの光学中心(斜視の場合は中心を外したプリズム当量を当てた地点をレンズ中心と見做す)と目の一致を本人確認=自覚検査で厳密に調整行います。 このケースでは僅か6ヶ月間で日常の使用から、いつの間にかフレームに歪(ひずみ)が生じておりその状態は写真の通り。徐々に歪が生じると本人の自覚がない場合が多く、定期点検でそのような事態を防止しています。 この僅かな中心の狂いの場合本人は自覚がないのが一般的です。無料で行う定期点検により中心調整を行い快適さを維持しています。 中近5252 中近5252

中近眼鏡

右眼 裸眼視力<.05 矯正視力1.0XS-5.25C-1.00A30  加入 +1.00 左眼 裸眼視力<.05 矯正視力1.0XS-6.50C-0.50A160 加入 +1.00 プリズム矯正 右眼 BD 3.50⊿ BI 0.75⊿ 左眼 BU 2.50⊿ BI 0.75⊿ (右左異なる度数は、単純な振り分けでなくユーザーの感じ方で合わせてある為異なる)
遠近眼鏡5250
遠近眼鏡5250

近両用導入タイプレンズ使用

遠方視が可能な累進レンズ使用で両眼視力:1.2 左右それぞれ1.0の視力でも、融像視が可能な両眼視機能が働くと1.2の良好な視力が出ます。併せてものの奥行きなどわかるようになり、立体視が可能になる場合があります。 このケースでは良好な両眼視が出来るようになっています。 右眼 裸眼視力<.05 1.0XS-5.25C-0.75A30 左眼 裸眼視力<.05 1.0XS-6.50C-0.50A160 プリズム矯正 (斜位矯正) 斜位のタイプ : 外斜位と上下斜位の複合 右眼 BI 0.75⊿ BD 3.50⊿ (BI:ベースイン、基底内方 BD:ベースダウン 基底下方) 左眼 BI 0.75⊿ BU 2.50⊿ (BU:ベースアップ 基底上方)

提案

物がダブって見えるのは乱視でしょうか?頭痛・肩こり・眼痛が伴うなら斜視を疑って見るのも一つの解決策。





ページトップに戻る