head_img
head_img

近くが見難い 強度近視 遠近両用眼鏡

2017年9月19日

近くが見難い 強度近視 遠近両用眼鏡 (累進屈折力レンズ、境目がない)

見え方が悪い原因は複合斜視が原因していた。

兵庫県 53歳男性 

主訴

近くが見にくい。3年前最寄りの眼鏡店で弱矯正(弱い目の度数)の眼鏡を作ったが近くが見にくい。

使用中の眼鏡度数

球面 乱視 乱視軸
-12.00 -0.25 97
-10.50

新規調整

角膜に高次収差や角膜乱視・水晶体乱視もなく検査の結果視力を向上させるのに乱視矯正の影響力は小さいと判断。

所定の検査手順から調べた結果、問題は単純な屈折異常によるものでなく複合斜視が原因と判明した。プリズム矯正を従位眼に負荷し遠見・近見の見え方の適否を実装の上ユーザーの見る自覚で確認し度数を決定。

レンズ設計図、厚みと重量
レンズ設計図、厚みと重量
レンズ設計図、レイアウト
レンズ設計図、レイアウト

矯正度数とアイポイント

球面度数 加入 プリズム矯正 アイポイント
枠中央より 高さ
-13.50 +2.00 利き目 31.0 19.0
-11.50 +2.00 BO 2.00⊿ BD 1.00⊿ 29.5 18.0
レンズは1.7の高屈折率基材使用するも、耳コバ側に厚みが残りユーザーも厚みを気にしていた。このため耳側コバを特殊な面取り加工(ダイヤカット)で見苦しい厚み部分を削りレンズ外周部とを鏡面研磨を施した。これによりレンズの渦を消し厚み感を改善した。
加工前
加工前

 

レンズ取り付け後
レンズ取り付け後

眼鏡総重量 : 17.5g

 

レンズの厚み比較
レンズの厚み比較

 

斜め後方からの概略
斜め後方からの概略




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問合せは、こちらから

ページトップに戻る