head_img
head_img

必見 お子様用メガネを買う 店の選び方 ?

2016年8月6日

お子様用メガネを買う 店の選び方 ?

販売者側の話は、誘導が有り、鵜呑みにしない方が良い。

ネット上で色んなテーマで「子供メガネ」について述べられていますが、利害関係を離れ小生の考えを述べてみよう。

お店の選びかたとは・・・無駄、人の頭の中は目で見て解るわけがない、透視術か?

こういうサイトがあります・・・こんなふうにも

真面目で
1.フィッティングの上手な店
2.子供用枠の品揃えが豊富な店
3.良心的な店

だそうです。

小児弱視などの治療用メガネを扱う専門店は、フィッティングやサイズ別の品揃えなどは、細々と述べるまでもなくプロフェッショナルであれば当然のこと、上で上げる題目を満足すれば購入を決心するほどのファクターと言えるかどうかよく考えて頂きたい。

今は亡き某氏の主観的見方と商業的誘導に過ぎない・・・と考える。

子供のメガネを責任を持ち取り扱うメガネ専門店であれば、特段某氏が集めご贔屓(ひいき)にする店(仲間)でなくても、主題にする「真面目・良心的」という言葉に限るなら、逆に不真面目で非良心的な店は珍しいく心配し忠告する必要あるだろうか?

性善説を唱えるわけでもないが、どこの眼鏡店でも真面目・良心的に一生懸命やろうとしている。問題は、ただ何かが抜けている・・・これが問題である。

いちばん大切な点は、説明ができない子供に使わせる眼鏡がどういうものか?保護者はサイト検索してメガネに対する最小限度の知識を持ち、子供の目に合っているか自分の目で確かめる以外方法はない。眼鏡店の技能・技術・知識を見分けるコツなんてのはない。

いちばん大切な点は、度数レンズには必ず一点の光学中心を持ちそれが透明で見えないこと特性がある点。このレンズ中心と子供の目の中心が合わされることが大切な要であるといっても過言ではない。根拠なくすべてお任せで店屋を信じず、この中心が子供の目や保護者の目で見て合っているかに尽きる。これを確かめねば後日予期せぬ不都合に遭遇する結果になってしまう。

「店の選び方」真面目さ?良心的?

店のなり格好や構えから店を選びますか?店を選ぶということは関わる人間の質を意味し、メガネは多様性に富む個人に合わせその店で作られ、作業するのは人。応対する人の技術知識によりメガネは良質だったり不良だったりします。テクニカルにどうやって人の持つ技術・知識・技能を目で見て見分けられるか?これはほとんど無理筋な話である。

我田引水的に某氏が徒党を組みお薦めする仲間(素人であるまいしやたら沢山有るなになにの研究会)の店への誘導が暗にされている。このケースで見られるのは、日頃行ってきた素行:眼鏡機械・レンズメーカー・フレームメーカー・挙句の果ては零細眼鏡小売店(東京のとある女性眼鏡店主は震え上がって小生に相談してきていた)まで、頼まれもしないし見ず知らずの相手を捕まえ散々「公開質問状」だと難癖つける方法でネット上に無断で実名を晒し200あまりの業者や眼鏡店へ一方的批判を執拗に行って来た人間を果たして「良心的」と呼べるか?

弁護士や業界の応対方法は、「無視するように」とのことで、某氏の独善的公開質問状に対し自分でつぶやくように誰からも返事がない(笑)

(某氏は2015年末、大腸がんで死亡し、店舗など相続した息子さんが過去に彼の父親が書いた記事をそのまま放置)

レンズを軽く薄くする

例えば、レンズの厚み、遠視性は口径コバ厚指定という手法を主張している。しかしこのような方法は今から20年ほど前の技法に過ぎない。

過去散々難癖つけたレンズメーカーなどとの折り合いが悪くレンズメーカーが提供する最新の測定機器装置が導入・設置されていないと聞く。難癖をつけた先の一覧は文末に参考まで掲載するが、これが良心的かどうかあなたに判断を委ねたい。小生の名をネット上で晒してよいという了解を与えた覚えもなければ、某氏と面識すら無い。

テクニカル面でレンズを薄くするとき「口径コバ厚最小」と言う表現は、単純な乱視のない遠視性レンズであればこれでも良かろう。

しかし遠視と乱視が絡み合う遠視性乱視レンズの場合、口径コバ厚指定では十分な薄さを確保できず測定機が必要である。レンズメーカーや測定機器メーカーが販売する測定機で厚みを模擬的に表現しレンズ設計してレンズを作るのが一般的である。(当サイト各所でレンズ設計図面を例示しているような)

測定機でフレーム形状を読み込み、子供のアイポイントを入力し、最小の厚みと重量を演算し、中間で人を介さずダイレクトにレンズ工場に直接オンライン生産指示しレンズを作る時代にはそぐわない。

某店以外他のネット上に散らばるおすすめにしても、一番中核をなす大切な目に見えない(後述する)大切なレンズのエンジン部に関わる目とレンズ光学中心の一致は、殆ど全てのサイトで欠落している。出来上がった左右両眼の前に位置する透明な光学中心をユーザーに告知し適合性を保護者やユーザーは確認していない。

【誰も透明なレンズの中心を見ておらず、目と一致するか確認していない】

言い換えると眼鏡のエンジン部のレンズはユーザーに対し全く商品透明性なく手渡されている

例えば 

視界がクリアになるように、子供用眼鏡の導入も必要ですよね。

そんなときに知っておきたい子供用眼鏡の選び方やおすすめのお店をまとめました。

この話で留意すべきは目で見て分かるフレームなどに対する評価にとどまっている。上記で問題にする核心品質には触れられていない。

眼鏡には視力に関わる機能性を付加するエンジン=透明なレンズが必要かつ目に与える影響力が大きい。「目に見えないレンズ中心」と多様性に富む眼鏡使用者の「目の位置」との整合性やユーザーに解る確認方法が欠落している。

処方箋さえあれば鬼に金棒か?

一般的な眼科の処方箋と眼鏡店の役割分担を考えたとき、自己責任で眼鏡を求める以外方法がない。保護者の一般的な行動様式でよくあるのが眼科処方箋のPDがユーザーのPDと有っていない場合が時々ある、処方箋が間違っていたら「親亀コケて子亀コケる」ように一緒にミスを犯し平然としている場合がある。

不同視弱視の場合左右の度数差が大きい場合、眼鏡が単純にずれ下がるだけで由々しい不正プリズムが生じる。どういうことかと言えば、眼鏡がずれ下がることにより幼いユーザーの見るものの高さが右と左で大きく差が生じる。当初見え方としてはボヤケて見え難くなるがそのまま放置すると後天的な上下斜視を形成してしまう。このような場合幼いユーザーは眼鏡がボケて見えにくく不快なため自己防衛反応でメガネを掛けたがらなくなり眼鏡を使わなくなる、その結果、弱視治療がされなくなる。

眼鏡店は、確かに数値的には処方箋通りに作られているが、掛けている眼鏡は子供の多様性を捉えず本人とは縁もゆかりもない、処方箋通りの眼鏡を作り掛けていると言ったようなことを多く見受ける。処方箋に書かれた度数や諸元を技術者はよく読み込み、光学原理知識に照らし作る眼鏡に度数に潜む危険性を回避しメガネを注意深く作る必要がある。

このようなことが行われない時、視界はクリアでなくなる。

なぜレンズ軽量化するか

眼鏡のズリ下がりを防止するため眼鏡は軽くしなくてはならない。同時にレンズを薄くすると光線透過率を高める事ができる。しかし上述の方法である程度機器を備え十分な知識・経験さえあれば、ほぼどこのお店でも出来る時代である。「口径コバ厚最小」などという指示方法は今日陳腐化して久しい。

 

フレーム強度

今日子供用フレームは、有名フレームメーカーの過去の名声は地に落ち、機械的強度と化学的安定性に優れたスイス製のポリアミド(透明ナイロン製)原料を使ったフレームが全盛を迎え我々も多用している。ただし何でも良いかと言えばそうではなく一長一短がある。欠点として調整時材料の曲げ加工が難しい。長点は軽く物理的強度が高く丈夫なフレームである。

子供の眼鏡装着時の行動様式から見ればわかるが、思いっきり眼鏡のテンプルを押し広げながら顔にかける。いくら超弾性のメガネフレームもこの掛け方をすれば、わずか一月程で眼鏡枠のツルは広がってしまい、もはや眼鏡が顔にかからない状態になり眼鏡はなんの機能性もなくなってしまう。

金属フレーム修正のため購入した百貨店に調整のため行き4時間待ちなどという話を伺っている。事後における品質管理以前に販売する子供眼鏡フレームの強度と柔軟性を考え品揃えする必要がある。格好がよくかわいいメガネを掴んでしまって後に型くずれする眼鏡枠は並べてはならないと考える。歪んで調整を頻々とするようでは目的とする弱視治療はおぼつかず購入した眼鏡は無駄になる。弱視治療対象の3才児は時間が限られており6歳までに視力育成を完了する必要がある。

保護者と子供が無駄に時間を過ごし弱視治療に失敗したケースがあった。

保護者の希望と販売店の品揃えは相対する

保護者は、「可愛い」「ファッション性が良い」眼鏡を買うことに関心が強すぎて大切な視力育成を忘れている場合が多い。求めるフレームが強度的に優れていると言われても、殆どの場合子供の手には叶わず壊してしまう現実がある。

多種多様な品揃えは良いが眼鏡を壊した場合即座に修理対応が出来るかどうか確かめるておく必要がある。無駄に品数を揃えと在庫数が膨大になり即座に修理ができなくなることを保護者は知っておく必要がある。

我々は眼鏡を即時修理可能かつ品質強度面から良質なものに絞り込んだ商品だけを揃えるようにしている。販売経験から強度のないものは排除している。

保護者は、主目的である弱視治療を優先的に考え、後の破損時修理が迅速に行えるかどうかに気を配るべきである。無駄に可愛さや格好良さにこだわるより破損修理に重点を置くべきである。我々は眼鏡の専門家であり我々の助言に耳を傾けて頂きたい。例えばカタログを見てトマトのどの型と色があるか問い合わせられてもこの修理という観点に重点を置く当方ポリシーとは合わない。

 

また多人員を擁するチェーン店、多数抱える従事者の知識・技術と管理について

どこに問題か?

眼鏡店に行けば合わせてくれるだろうと言う考えがある、しかしメガネ屋が不得意とすることがある「人の目の中心とレンズの中心を一致させること」が実は一番できておらず難しい事の一つであること。ここに大きなギャップ、考え方の違いがある。

何も知らないユーザーは眼鏡店任せにしている・・・これが現実。レンズメーカーの技術者と話していても「レンズ中心が目に合わされていない」という否定的事実が話題になるくらいに由々しい現実が実はメガネ業界にある。

うちの店であった実話、「高価で利潤の高い非球面レンズだと中心が多少ブレていても(目の中心に合わなくても)大丈夫」というどこかで仕入れてきた神話を信じるおバカな店員を雇っていたことが有る(-_-;) 某レンズメーカー担当から聞いたと言い張るので、ならば白黒つけようと担当営業を呼びつけ、真意を確かめた。某大手レンズ技術部門から「非球面レンズはより正確に目に合わせる必要がある」との回答だった。似たようなお馬鹿な話は暇がつかないくらいある。それはまたの機会にしよう。

宣伝には、まやかしが多い。ところで・・・

「 まやかし 」 という漢字は【 瞞し 】です。

【意味】
“まやかし”は、人を惑わせるもの、或いは惑わせる法。

嘘や出鱈目、出まかせ、でっち上げから、つまり、人を騙す意図で使われる全て

商魂猛々しい

商売にありがちな、核心を外し誘導しようとする商魂でユーザーに提供されるテーマ「店の選び方」「子供眼鏡の選び方」は、殆ど「目で見て分かること」に対する評価に終止している。何がまやかしかと言うと核心になる「目とレンズ中心」の話が抜けている。

これから子供の眼鏡を求めようと考えているのであれば、むしろ「目で見てわからない部分に目を注ぐ」べきである。言い換えると、子供の目の前に置かれようとする「光学レンズとその中心」に関心を持ってほしい、利害関係者の眼鏡屋の確認でなく保護者自身や子供の目でレンズ光学中心がそれぞれの目に合わされているか?確かめることを切に願いたい。

(この問題は小生の特許で解決済み、店舗でこれをやると一部小生の特許に抵触します。)

度数レンズには必ず 「目で見えない一点の光学中心」 が有る

強い屈折力を持つレンズなど、よく見える反面、中心が正確に合わされていない場合強い副作用を生じる点に注意がいる。

またレンズに度数が有れば、必然的に1点の光学中心が有り、これを子供の目に正確に合わせる必要がある。これはただ見て分からない。慇懃丁寧なメガネ屋の店員の態度など余計なことに信頼を寄せるのでなく、あなたや子供の「目で確かめる事」がその眼鏡の中核品質を確かめることになる。目とレンズ光学中心の一致=「目に見えない品質」を確かめることがあなたの大切な子供の目を護ることになる。

品質が良く安くて便利・・・ユーザーの願望

あなたの願望 → 価格が安いこと に越したことは無い

しかしこれらメガネに従事する者達の持つ無形の技量と知識の有無、これは外から見て見えない無形のもの=技術知識を意味する。これは何事にも共通するが、一般に目で見てみえるものより見えないもののほうが大切な場合が多い。

眼鏡が安ければ良心的だろうか? 眼鏡屋は利益利潤がなくやっている慈善事業ではない。

従事する人間の人件費などあなたの希望ではどうしようもなく、眼鏡価格は技術者の技量・技術・知識などに対する対価と評価です。

安く仕入れれば安くなり、安くしようとすれば何かを省くのが道理。でも何が節約されているか?

何かを得ようとすればその片方で必ず失うものが有る。

あなたの安く買いたい欲望と眼鏡の価格には、目に見えない無形の従事する人間の質とその人件費などが含まれる(一等地で店を運営するとその家賃も購入することになる)等により反比例し高くなります。小生も過去に心斎橋のド真ん中で眼鏡店を経営していたが、高額な家賃は全てあなたの求める眼鏡代金に含まれる。

メガネを管理するより人間を管理する方がもっと困難

小生も多数の人間を雇い事業をしてきた経験から、人を管理しそれなりの技量と知識を付けさせる、或いはそれなりの人財を配置するには相応の費用がかかる。小人数ですら難しいのに、多数の社員と店舗を抱えて技術的に満足の行く眼鏡を提供するのは、殆ど無理。

あなたを洗脳しようなどと願わないし、これは小生の考え方にしか過ぎず、自店に来店誘導しようなどと微塵も考えてもいない、むしろウチは高いから来ないほうが良いとも言える。

何を捨て何を得るか?どういう状況下で販売されているかなど、よく考えて行動されるようにお勧めします。

弱視治療は時間を争う

ただ、弱視治療眼鏡に限って言うなら、非常に限られた通常3歳から6歳までのごく限られた短時間内に、目の屈折異常(遠視・乱視・斜視)を補い網膜に正しい視覚刺激を生じさせ脳に視能・解析能(それぞれの視力向上と立体視ができる事)というソフトを作り上げる=治療を行う生涯視力に関わる大切な時期に有るという認識が必要である。この時期を無駄に過ごせばその子は生涯弱視のままで過ごさなければならなくなる。取り返しのつかない限られた時間をどう有効・確実に活かすかにかかってくる。

普通なら価格問題では済まない子供の生涯視力に関わる問題で重たい問題でないでしょうか?。

いかがでしょう?

貴重な時間を粗雑な眼鏡で無駄に過ごし、タイム・オーバーでは済まない子供の視力。タイムオーバー:期限をすぎてしまうと以後何処で幾ら高価な眼鏡を買い与えても、もはや取り戻すことができないものです。

 

一体弱視ってなに?

一般に当店に来られる保護者の方に聞いても弱視について詳しく知らない場合が多い。あなたは知っていますか?

弱視は、どのような状態でどのような見え方か?

何処を見てどのようにして良くなるのか?

眼鏡はどのように作られる必要があるか?

どのような使い方をしなければならないか?

強度の遠視の場合、どのような死角があり視野がどうなのか?

メガネを使ってどのような点に注意をするか?

レンズの何処で見ても同じ見え方でない

普通は、眼科の処方箋のデーターをもらい、ネットで見てヨサゲな店で作り、眼鏡かけていれば子供は見えているのだろう、安ければそれに越したことは無い・・・ですか?

理解・関心のない人にこんなこと一々口を酸っぱくして言うまでのことはないかもしれませんが・・・

多くの保護者は、「レンズの何処で見ても均一に問題なく見える」という大きな誤解をしていることが実に多い。

 

眼科と眼鏡店の作業分担と違い

眼科処方は1次元表記、眼鏡店は3次元~4次元

処方箋は、右と左の目の中心間の距離、瞳孔間距離を明示していますが、これは2点間の距離すなわち1次元表記です。

子供にかぎらず、人が眼鏡枠を掛けた時、条件は3次元の立体空間を構成し注意深く観察や測定をして眼鏡は作らねばならない。

このような点は、眼科が暗黙に眼鏡店に望むことであり、眼鏡店も技量を活かせる任された役割分担でもある。

一方、購入するユーザーは、少なくとも左右それぞれの目とレンズ光学中心が自分の目とあっているか、確かめる必要がある。

上記3次元に遠近両用の見る方向が加われば時間軸条件を加えた4次元になる。

定期点検は必須、おおよそ何処でもやっているとは言え、百貨店に足繁く通えますか?

またこのような目とレンズ中心の一致は、一度作れば一期一会で済まされるものでは決してなく、使用する中で徐々に狂いが生じるため購入店で定期的に点検調整を施す必要があります。
子供の場合状況に応じて毎月もあります(笑)
眼鏡を曲げたり落ち着きのない子(遠視の子の特性)の親御さんのご希望で、毎月点検ってのもありますが(=^・^=)

眼鏡は毎日の仕様で一定期間経過すれば必ず点検調整が必要です。

また何かの拍子で曲げたり歪めたりすれば、その時点時点で調整・点検が必要なのは言うまでもなく、このような場合メガネを使って違和感が生じ調整でレンズ中心を合わせ直す必要がある。

ここで一言言います。

元気なつわもの=子供に対し当店の金属フレーム軍団(全有名ブランド品を含め)は無力、壊滅状態です(笑)

悪い調整がされた子供メガネ
悪い調整がされた子供メガネ

 

新しいメガネができるまで暫定的に調整し直したが中心は合っていない
新しいメガネができるまで暫定的に調整し直したが中心は合っていない

いくらおとなしい子供でもどれも駄目な感じです。頑丈無敵とされるフレームはそれでも子供たちに揉まれひん曲がってきます。このような結果、店頭体験からより抜かれたフレームもあります。ここで宣伝しようという考えはありません。

子供メガネは保護者自身がよく考えて

透明なレンズ中心が目と一致することを確かめる

結論として、眼鏡店の優劣は外から観察して分かるものでなく、弱視矯正などであれば時間が限られた課題と考え、保護者が自分で吟味し信頼を築けるお店で作り、レンズ中心と子供の目の中心が一致しているか?自分や子供の目で確かめるしか無い(←ここポイント)

誰が何を言おうとよく自分で調べ予備知識をきちっと付け、よく考え自己責任で行動し、シッカリと自分の目で確かめる以外無いです。

敵は=我々眼鏡店かもしれません。

メガネ屋は、厚顔無恥で手強い (=^・^=) アンデルセンの「裸の王様」を思い出しても良い。目に見えないものを扱うやつ、透明なレンズを生業とする悪徳仕立て屋、そう・・・メガネ屋かもしれません。

厚労省や組合がメガネ小売店に対して特段基準規格を設けて罰則もない、しかし目とレンズの中心一致は、度数眼鏡の核心的品質です。しかし誰が目で見ても判別が利かず危なかっしく怪しい課題を実は特許技術で解決を試み解決しています。(僭越ながら僕の特許(笑))

少なくとも経済産業省の日本工業規格即ち JIS規格のレンズ製造基準で定めるレンズ精度の0.005プリズムディオプター以下(平面レンズの平行度)を適用するなら、外周加工された度数レンズの光学中心が 目から些か1ミリでもずれたら簡単に不合格になるほど厳格な規格はあります。合格する眼鏡は存在しなくなる。

常識的にそこまでする必要や実用性は無いと思うが、強度の近視・遠視・乱視・斜視の眼鏡を作るなら可能な限り厳密に精度よく眼鏡を人の特性に合わせる最大の努力を傾けなければならない・・・

 





ページトップに戻る