head_img
head_img

【実施例180414】子供メガネ 強度遠視性乱視

2019年1月18日

【実施例180414】子供メガネ 強度遠視性乱視

京都市ご在住 5歳 女児

問題点 

地元の眼鏡店で眼鏡を作ったがどうしても眼鏡が重たくズリ下がり弱視治療が進まない。中心の不一致を危惧されご来店。

眼位測定直後のフレームと目の位置
眼位測定直後のフレームと目の位置

レンズ設計

レンズ重量 右3.7g 左4.1

レンズ重量 右3.7g 左4.1

レンズ中心と乱視軸方向
レンズ中心と乱視軸方向

出来上がったレンズ

上記条件に基づき別注製作されたレンズとフレームの概略写真

子供メガネ 強度遠視性乱視
子供メガネ 強度遠視性乱視

重量

仕上がり眼鏡総重量 15g(レンズ+フレーム)

定期的点検

定期点検 2018/05/19 約一ヶ月の使用後どのような使い方がされているか?レンズ中心がズレ下がっていないか検査。中心の狂いなど無いことを保護者確認。(いずれの子供メガネでもこのような定期点検 1週後、1ヶ月後、3ヶ月後、以降半年ごとの無料点検を実施している。)

結論

以前使用されていた眼鏡の重量はちなみに32g有ったが約半分以下に軽量化した。子供一般にありがちな眼鏡を押し広げかける使い方にも耐える弾力性のあるフレームにより変形することがなくなった事と軽量化によりズレ下がることが画期的に減った。

目的とする視力向上がメガネを変えてから急速に向上したと保護者から報告を受けている。

 

 

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る