head_img
head_img

【実施例190202】かなり強度の不同視弱視 5歳

2019年7月1日

【実施例190202】かなり強度の不同視弱視 5歳

大阪府 堺市 5歳男児

ご来店の動機 : 大阪府立母子保健総合医療センターのドクターにお薦め頂きご来店

弱視のタイプ : 不同視弱視 左右の度数差が2.00ディオプター以上を不同視と呼ぶが、このケースでは7.75ディオプターの差がありかなり注意を要する。保護者に問題点を説明済み。

度数

右 矯正視力 0.5  S-1.00C-1.50A20 (S:球面度数 C:乱視度数 A乱視軸度)

左 矯正視力 0.1p S-8.75C-1.50A165 

瞳孔間距離 51.0 mm

左右の度数差 : S-7.75

大阪母子医療センター 処方箋
大阪母子医療センター 処方箋

眼鏡制作プロセス

アイポイント測定

アイポイント測定左目に斜位があり両眼視では変移するので、右眼遮蔽し左側を別に眼位測定。

写真である程度左右のレンズの厚み差を見ることが出来る。

加工前のフレームとレンズ

加工前のフレームとレンズ 

レンズ厚図面
レンズ厚図面

レンズレイアウト図

レンズレイアウト図

右レンズは弱い度数で普通の加工だが、左レンズは耳側に厚みが出るので特殊面取り加工を加え、見苦しいレンズの厚みが強調されないようツルっとした鏡面研磨を施した。

レンズ取付後の概要
レンズ取付後の概要

 

上部からのレンズ厚観察
上部からのレンズ厚観察

レンズ中心のズレ下がりを警戒し、最大3ヶ月毎の定期点検を実施継続中。

調整前の状態
調整前の状態(19/02/12)

 

調整直後の状態
調整一月後の状態(19/04/01)

 

三ヶ月点検時再調整
三ヶ月点検時再調整(19/07/01)

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る