head_img
head_img

「2020年1月」の記事一覧

【実施例200109】メガネを軽く薄く

2020年1月31日

【実施例200109】メガネを軽く薄く

使用中のウスカル眼鏡「4年前購入したウスカル・メガネは少し使用したが、眼鏡を掛けて読書しようとしても左目だけ文字を見ていて強い不快感が有りよほどのことがない限り使用していない」「遠くも近くも見にくく近くは左目だけで見て右目は見ていないる感じ、右と左で文字が見える距離が極端に違う」新しく作られた眼鏡「遠くがこれだけ違和感無くスッキリよく見え感動的、今まで使っていなかった右目が生き返った感じに思わず感動を覚えた。パソコンや読みたかった単行本も一つの眼鏡でこれだけ楽に読めるものだと思わなかった」


貰った処方箋はしっかりと理解しましょう

2020年1月26日

貰った処方箋はしっかりと理解しましょう

見逃してはならない日常起こりやすい眼鏡のズレ:仮に、目の中心とレンズ光学中心が何らかの理由でメガネフレームが1cmずれ下がるだけで、左右それぞれで見る対象物の位置が上下にズレてしまいます。専門的には上下の不正プリズムが生じると言い、見ようとする対象物の像が子供から僅か1mのところで両目を開けてみた時高さにおいて7.5cm差が生じることを意味する。


【実施例191225】物がダブったりボヤケて見える 複合斜視

2020年1月23日

【実施例191225】物がダブったりボヤケて見える 複合斜視

【実施例191225】物がダブったりボヤケて見える 複合斜視 大阪市 都島区 78歳 男性 主訴 テレビがダブって見えたりボヤケて見え不快。遠くもそうだが日常生活に支障がある。どこで診てもらっても合わせてもらえない。日常生活を楽にできる眼鏡が欲しい。 測定結果 斜視に関し:見かけ上 極端な眼位の異常 ・・・続きを読む


【実施例200118】怪我による強い乱視 運転免許更新

2020年1月23日

【実施例200118】怪我による強い乱視 運転免許更新

改善点 右 乱視軸が現在の目と合っていない、乱視度数が少し強すぎる 左 乱視度数が不足気味で乱視軸が合っていない、乱視度数を強めたため球面度数が過矯正気味になるので減度


お問合せは、こちらから

ページトップに戻る