head_img
head_img

ブログ

ユーザーがよく「乱視 なのですが・・・」 Are you 乱視 ?

2017年5月6日

ユーザーがよく「乱視 なのですが・・・」 Are you   乱視  ?

Are you 乱視?その便利な言葉、検査してみないとわからない。乱視も斜視も像が【像がダブル、ぼやけて見える】共通点。しかし それは 斜視だった。


見えるよろこび

2017年5月3日

見えるよろこび

ノバルティスファーマーの「 見えるよろこび 」に掲載されました。


眼鏡とQOL

2016年9月18日

眼鏡とQOL

QOL
クオリティ・オブ・ライフ(英: QOL quality of life、QOL)
ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質が、どれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出すのに役立つか?
視力はあなたのQOLに大きく関わり合いを持ちます。


眼振盪と矯正眼鏡

2016年9月2日

眼振盪と矯正眼鏡

一般的に先天的な眼震盪、眼振盪がある場合、弱視が避けられない。このケースにおいても0歳時から眼科通院し弱視治療を行ってこられています。

残念ながら眼振盪が有るため、弱視になってしまい、内斜視・斜位が生じている場合が多いので、斜位の測定は必須。

検査時ソフトコンタクトを装着していたため、角膜が膨潤していたりし革新が持てないが、遠方からご来店の為暫定的に本人がハッキリ見えるようになったというので度数確定し眼鏡受注。


お子様用サングラス?

2016年8月11日

お子様用サングラス?

お子様用サングラス?  子供用サングラス 買いますか? 慌てて買わない 子供の目を紫外線から守るサングラス! おしゃれなベビー・キッズに? 眩しがる 急に眩しがる場合であれば、角膜に何らかの異常例えば結膜炎などが原因しているのであれば安易にサングラスを買い与える一時逃れをせず一度眼科に行き原因を調べ ・・・続きを読む


必見 お子様用メガネを買う 店の選び方 ?

2016年8月6日

必見 お子様用メガネを買う 店の選び方 ?

お子様用メガネを買う 店の選び方 ? 結論から申します。店の良し悪しとはすなわち「ヒト」の問題、ユーザーや保護者は予備知識を持ち「確かめる」しか無い。  販売者側の話にはおおよそ「誘導」や「魂胆」が有る、そのまま鵜呑(うの)みにせず、何が目的で何を求めようとするのか?弱視治療であればその目的・手段・ ・・・続きを読む


オリジナル遮光眼鏡枠

2016年7月15日

オリジナル遮光眼鏡枠

レンズやユーザーを知らない独善孤高の眼鏡デザイナー
眼鏡のデザインとは、まず機能性から始まり、補足的に装着後の美観などを熟慮すべきである。
しかし、眼鏡フレームのデザイナーは、ユーザーが使用する度数メガネを作った経験のある者がどれほどいるか?

過去著名な眼鏡デザイナーとの接触した経験で知るが、残念ながらこの一番肝心なレンズや人の目のタイプに関する知識経験は、素人と同じお粗末な状態である。
まして、レンズについては全く理解がない。


メガネ選びのポイント 【新聞記事協力】

2016年7月11日

メガネ選びのポイント  【新聞記事協力】

レンズと目の中心を合わせる

集中力欠如は眼鏡に原因あり

眼鏡を買うときに重要なポイントがレンズの中心と両目の位置が合っているか。

店員の誘導や店舗の機械で合わせているが、実際には合っていないことが多い。

集中力の欠如や斜視を誘発するおそれがあるので要注意だ。


子供メガネ絶壁のお鼻に

2016年6月22日

子供メガネ絶壁のお鼻に

工夫

レンズを軽く薄く明るくとは、裏に余り知られていない密かな製作者の期待と工夫が凝らされているのをご存知でしょうか?
「軽く」というキーワードには、未発達な子供の顔、総じて鼻が絶壁になっていることへの対策です。重たければ万有引力の法則に従って眼鏡はずれ下がってしまう。


変視症 ・中心暗点への改善例

2016年5月29日

変視症 ・中心暗点への改善例

黄斑変性症・緑内障など色んな眼病が原因で、網膜の黄斑部にシワが寄ったり変形すると見え方がおかしくなる場合があります。

この場合眼科で行う治療とは別の、言い換えると治療ではありませんが、光学的原理応用しメガネや光学機器で多少見え方を改善できる場合があります。
ここでその方法などについてあえて詳しく言及せずまた実施例も例示しません。
ただし、お困りの方へはご来店頂ければご自身の目で確かめていただくことが出来ます。
なかんずく、モノがユガんで見える場合、自分の知る限り眼科でその応対方法についての言及がないのが現実だと思っています。
これは小生の情報不足かもしれませんが独自の改善策です。


お問合せは、こちらから

ページトップに戻る