head_img
head_img

ロービジョン対応

2017年9月19日

 ロービジョン対応 

いろんな眼病などで様々な矯正方法を試みて見えにくくなった場合一般的な方法として拡大鏡などで文字を読んだりしますが、それ以外に次のような用具があります。

困窮度によりこれらの用具がある一方その使い方に習熟する必要がある場合が殆どで、ユーザーは単純に用具をあてがわれ直ぐ簡単に見えることを期待されても使えきれない場合があります。

両眼で遠くと近くを見る ガリレオ式

度数調節可能な遠用と近用眼鏡
度数調節可能な遠用と近用眼鏡

上記用具は、ある程度両眼視が可能で、少し距離のあるものを見る場合に有効な場合があります。

単眼鏡 光学ガラスレンズ使用されたもの 度数調節により遠くと近くを見ることが出来る

もはや拡大鏡で限界が生じた場合、即ち倍率を上げることにより文字を一つづつ拾い読みするようになった場合、適度な距離を保ちながら文字群を拡大し読めるようにします。眼病に伴う歪みの問題などがある場合この用具を使うことにより歪み無く見ることが出来る場合があります。

利点として遠くから近くまで度数が可変なので、遠くと近くを見ることができます。また眼に屈折異常の乱視・遠視・近視など有ってもよほどの度数でなければ視度調節で眼鏡を使用せず見ることができます。過去の事例で眼の視野角が狭い或いは小さな穴程度にしか見える部分がない場合にも見ることができたケースがありました。

非常に有用性が高い器具です。しかし高齢者が短気であるとか、拡大鏡などと比較した見え方を期待した等の場合使わない場合も多くあり、自宅試用を勧め使用できる場合のみ販売しています。

一つ言えることは、見ることへの執念というか努力をしようとする場合以外無用の長物です。

単眼鏡
単眼鏡

 

単眼鏡使い方
単眼鏡使い方

指先がある程度使え、視度調節出来ることが前提になります。

高倍率の拡大鏡

倍率が高くなるとレンズ周辺部で歪みが生じます。その歪みが生じないよう非球面設計された拡大鏡です。

拡大鏡
拡大鏡

これらの拡大鏡を使用せねばならない状態になるということは非常に残念なことだと思います。何かを得ようとする時必ず何かの犠牲が伴います。それが何に成るか分かりません。不便な見え方を乗り越えるためには程度の犠牲が伴う場合が少ないといえます。





ページトップに戻る