head_img
head_img

運転免許合格 気付かない斜視

2016年4月6日

気付かない斜視 ユーザーの粘り強い意志と努力fがユーザー自身を助ける

地元愛知県の眼科・眼鏡店をほとんど回ったが・・・何処もダメ

万策尽(ばんさくつ)き最後の頼み

運転免許視力検査 合格
愛知県
男性 51歳

背景と結果

ユーザーは、仕事柄(しごとがら)車が乗れないと生業(なりわい)とする事業をやっていけない苦しい状況。

ネットで当店を知り最後の望みを掛け来阪され視力検査を行い、3度作り直しの末、ようやく運転免許視力試験合格。

再作費用等は、最初に織り込んであり、合格まで責任対応。

眼鏡難度: 高

お喜びの声

「星野龍一 様

大変お世話になっています。

眼鏡の再作成をありがとうございました。

今朝(6日)試験場へ行って来ました。

運転免許を再取得することができました。

本当に、本当にありがとうございました。

期限切れ2日前でほっとし、気が抜けてしまいました。

平成30年10月8日まで車に乗れます。

更新期限切れは「初心者」と同じ扱いになるそうです。

ともあれ、これで思いっきり仕事がこなせます。

ありがとうございました。」

視力は、一見して斜視(しゃし)が疑われ当初より斜視対応した。

2回測定時までギ リギリ矯正視力0.6~0.7だった。

原因

このケースでは、両眼視(りょうがんし)ができ、左眼に外斜視(がいしゃし)がありランドルト環(かん)が重なって見えにくく、ランドルト環は見えても答えが常に変化し安定しなかった。

対応

眼外筋

眼位が安定せず、遠隔地(えんかくち)であるためとプリズム矯正に慣れるまで、約一ヶ月時間を費してしまった。プリズム矯正になれ安定した頃、更に球面度数(きゅうめんどすう)を強めて矯正し、ランドルト環の回答方向(かいとうほうこう)が安定するまで矯正度数(きょうせいどすう)を求め最終対応とした。

その結果、無事運転免許視力検査に合格したケース。
ユーザーの粘り強い意志と努力がユーザー自身を助ける。

目的

遠用 運転免許視力検査用

測定結果

利目【右】
R=裸眼0.1 矯正0.6×S-1.50C-1.25A90
L=裸眼0.1 矯正0.6×S-1.75C-1.25A140 BI 6.00⊿
最終両眼視 0.8~0.9p
PD 遠用=66

筆者の感想

何の変哲(へんてつ)もないフレームとレンズ。

これ一つで人の生活を助けることも駄目(だめ)にすることにもなり、大きな責任とストレスを感じた。私達の仕事は、見せるようにしてやるというお仕着せがましいものではなく、その人が持つ視力をあらゆる知識を動員し引き出すためお手伝いをするだけのこと。

色んな眼科や眼鏡店に救いを求め、小生が「ファイナルチョイス」と言うのは、正直言って光栄でもあるが重い責任とストレスを感じた。

右側のレンズは、メガネを掛けて左側。

対策

鼻側(内側)が分厚いのは外斜視矯正6.00⊿プリズムディオプターの度数が負荷(ふか)されている。

いくら数字や論理で説明してもわからないだろう

このような↓ズレを補うのが斜視矯正(プリズム矯正)

どのような見え方か

ではどの程度ずれているのか?

具体的に写真撮影してみた。

使用したレンズテストレンズ6.00プリズムディオプター

基底わかりやすくは、分厚いほう・・・

この場合右側 左側は薄い

1.5m先を見た時

遠くを見た時

このような斜視が突然目に生じると最初2重に見えるが、やがて2重に見えるという状態では生活ができなくなる。

このユーザーのように左目の視力は視力を司(つかさど)る黄斑中心窩(おうはんちゅうしんか)の外に結像するも下のグラフからも分かるように視力は悪い。

自己保存本能(じこほぞんほんのう)といういか順応性(じゅんおうせい)というか
・・・やがて身の安全=生命保存の為見ることを脳が遮断(しゃだん)=専門的には「抑制(よくせい)」が生じ、片目だけで見る状態が生じ、距離感(きょりかん)が奪われる。

さらにそれがどんなものか?

片目を出て押さえて歩いてみれば誰にでもすぐにわかる。

網膜位置と視力の関係

結論

当初7.00⊿プリズムディオプターでプリズム矯正したが過矯正(かきょうせい)と判断、最終的に6.00⊿プリズムディオプター内包(ないほう)(ベースイン)により、両眼視機能(りょうがんしきのう)が機能し始め右左0.6程度の視力が両眼視力0.8~0.9程度まで見えるようになった。

最初ユーザーの目がプリズム矯正に十分順応できず、眼位(がんい)が安定するまでしばらく時間がかかった。

任意(にんい)のプリズム矯正で目が順応した後、精密(せいみつ)にプリズム度数を特定し最高視力(さいこうしりょく)とランドルト環の方向が安定してこたえられる地点を最終度数と決定し、眼鏡矯正し、幾度と無くも落ちた運転免許視力検査に最終的にパスした。

これに関わったお客さんに改めてお祝い申し上げます。

過去これ以外に運転免許視力試験に困っておられた方々の別の実施例などかなりあったのですが・・・以前のHPがなくなてしまいました。困っている方へ大変役立っていたのですが、残念なことです。

お困りの方は電話などでお問合せください。

微力ながらお役に立てれる場合もあるかもしれません。

 

 





ページトップに戻る