head_img
head_img

【実施例190705】急に複視になっても慌てない

2019年7月5日

【実施例190705】急に複視になっても慌てない

急な複視は治る場合がある

 健常な人が突然複視になり慌てて来店されるケースがよくある(入院中の患者さんがこっそり家族と一緒に抜け出してご来店等、誰だって恐ろしくなります。)慌ててプリズム矯正で片付けるより冷静・慎重になられる方が望ましい。すべてそうだとは言えないが過去の事例から言えば突然このような症状になった場合本人の驚きは大変大きくたちまち生活に差し支えが生じる。しかし突然複視になった場合治る可能性もある。実際そのような事例を過去に数多く見ている。本当に斜視矯正が必要になればいつでもプリズム矯正でちゃんと見えるように出来ます。

 ご本人同様当方もストレスの大きい複視がプリズム矯正眼鏡を掛けず消失することは望ましいし、そう願っています。

 今回ご相談の有ったケースはプリズム矯正するかどうかは、経過観察中で今後の変化を見ることにしている。しかし突然複視になり困っている方々への参考になえばと思い筆を執ってみます。


大阪市ご在住 80歳代 男性

こんなふうに見えている(持参の写真説明)

こんなふうに見える
こんなふうに見える

伺ったお話の要点

○ 2019年2月初旬から3月にかけ白内障人工水晶体挿入術をした。

疑問や今の見え方について持参されたメモ書

3月6日 検眼終了(洗髪・洗顔可) :  術後の洗髪・洗顔の許可

5月17日 起床時異常を感じる   :モノが下記写真のように見えた

5月18日 眼科 眼鏡店に行く様に :眼科から眼鏡店に行くように指示された

5月20日 眼鏡店でプリズム不可  :眼鏡店ではプリズム眼鏡が出来ないと言われた

5月20日 眼科          :眼科へ報告

6月5日 内服薬2種        :眼科からサンコバ(ビタミン12)

6月19日 内服薬2種        :同じ処方

7月3日 処置決定か?       :眼鏡処方

 

「白内障手術に依って生じたと思われる複視・斜視等について、プリズム眼鏡等の出費は保険対象になるか。可否

遠用(車の運転等)読書用(PC等)2種類が必要になるか。保険対象可否。

二種類各各の想定価格。」

 

回答

1)複視が生じた原因は当方では分からない

2)プリズム矯正は両眼合わせて5.00⊿プリズムディオプター以上であれば「特殊眼鏡」として医療費控除の対象になる。

3)白内障人工水晶体手術により、挿入される人工水晶体には調節力の無い単焦点である。65歳を過ぎた目、言い換えると既に年齢的に調節のない目でさほど大きな変化はない。ただし調節が無いので遠用と近用の眼鏡は必要。

4)目的用途により眼鏡価格は、異なり。垂直方向に度数の変化のある、すなわち調節力を補う累進屈折力レンズもあるが経済的事情が許すならば便利なレンズがある。

「眼科 眼鏡店に行く様に」は理解し難いメモ書きで理解に苦しみ誤解と思うが・・・それはそれとして

「眼科からメガネ店に行くよう」言われて行った

 天六の眼鏡専門店で眼鏡対応ができないと断られたということであった。おそらく写真の画像が回旋しているのを見て「回旋斜視」すなわち矯正不能な見え方と考えたと思われる。しかし今までの経験では複雑斜視が原因でこの様に斜めに見える場合が過去に多く、斜視矯正で解決したケースが過去にあった。

 検査した所、垂直と水平の斜視が検出され。矯正可能な斜視によるものと判断。

実装してみて安堵

 測定後テストフレームでプリズム矯正を行った。問題を訴えていたストレスのある見え方は消失し過去のように見えると安堵され表情が明るくなった。

 訴えていた歩く時少し離れたところが2重に見えたり、いびつに見えるため階段など怖いため、片目で階段を上り下りしていたと言う(他の簡単な方法として片目に眼帯をして済ませているケースもあるが両眼視機能の距離感が奪われる)。テストフレーム装着し歩いてみた所以前の通り違和感なく上り下りできるという反応。実際に歩かせてみた。反応は「モノがハッキリとよく見え、従来の生活が取り戻せそうだ」

眼鏡処方

 7月3日眼科処方持参。本人の自覚としては何も変わっていないが眼科から「斜視が前より少し良くなっている」とのことで当方測定で

○ 6月26日測定、上下プリズムが左右合わせ5.50⊿

○ 7月3日再測定 上下プリズムが左右合わせ 2.00⊿に減少、確かに良くなっている。

眼鏡処方には、プリズム矯正なく眼鏡を作り、以後経過を見て必要があればフレネル膜を貼るかも知れないという言及がされていた。

よく見えるメガネを掛け、処方されたサンコバ(ビタミン12)服用により、眼外筋が正常に機能すればプリズム矯正を必要としない場合もありうる旨説明。また眼科から眼外筋を動かすリハビリを提案されたとのことで、軽快する可能性は否定できない。

この結果、眼科処方通りの眼鏡を作ることで納得。


度数

人工水晶体挿入術後の眼鏡処方

右 S-0.25C-0.75A120  (近視性乱視)

左 S±0.00C-1.00A100 (単性乱視)

瞳孔間距離 61.0mm

違和感が強く使ってこなかったと言うフレームを使用したいとのことで、そのフレーム上に目の中心を再測定した。グリーン線の交点が新たな目の中心でここへ度数などの眼科処方諸元を合わした。

以前の眼鏡で気が付いた点 中心があっていない

赤線の交点:レンズの光学中心

緑線の交点:測定された瞳孔間距離

以前の眼鏡の違和感はレンズの中心と目の中心が不一致によるものと思われる。いずれにせよ人工水晶体挿入術後、目の度数は変わり前のレンズは無用になる(右 S+0.50C-1.00A97 左 S+0.75 PD70)。

瞳孔間距離の誤り
瞳孔間距離の誤り

 

アイポイント測定直後
アイポイント測定直後

新たにレンズを作り直した眼鏡

新たにレンズを作り直した眼鏡
新たにレンズを作り直した眼鏡。瞳孔間距離 61.0ミリ

 

レンズ加工後装着チェック
レンズ加工後装着チェック

結論

複視に対するプリズム矯正は、必要であればいつでも行えるのでゆっくりドクターの指示に従い経過を見るという流れで経過観察中。





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る