脳梗塞後遺症の視野改善

脳梗塞後遺症の視野改善

 脳梗塞や脳内出血の後遺症「同名半盲(視野欠損)」「四分の一同名半盲」(働き盛りの人に増えてきている)などで日常生活上の視野を改善する手技。

 一般的にはどちらかの目の視野が欠け、歩行時対向してくる人や車が見えず人とぶつかったりするのを軽減、見ようとする位置に暗点が生じこれを回避する試みと実例。

 右あるいは左の目の網膜は、それぞれ左右の脳に視神経が分岐し繋がっており視野障害が生じ、部位により見えなくなる見え方は下図右のようになります。黒い部分は、見えなくなった部分(視野欠損部)を示す。

 左右それぞれの目に左右の脳への視神経束が存在し、一つが障害されると左右の目でみる同一側が見えなくなることを同名半盲と言う。これ以外に部分的に見えない部分が生じる「四分の一同名半盲」も含む。

 

 視野改善のお問い合わせの方は、脳外科・眼科で入手した「視野測定記録」(自動又は主導による視野計記録)を問い合わせ欄に写真添付の上事前メールもしくはファックスにてご連絡ください。

 可能な限り前向きに検査対応をしようと心がけてはいますが、これらの症状に対する検査は「受け答えによる自覚検査」が重要ファクターです。検査は、本人の「視標を見た簡単な質問に対する受け答え」が頼りです。「言語障害」もしくは「意思表示」が困難な場合対応できません。20~30分程度の視標を見て答える検査に体力や集中力に無理がある場合、検査に対し協力的であることが重要な要素になり「わがまま」「投げやり」「非協力的」な方は、検査できません。

 「ぼやける」「良く見えない」等の見え方の異常を訴える場合、顕著に2重に見える「複視」の場合は判別しやすいのですが潜在または本人が良く分からない見え方の異常は「斜位」が原因している場合がありこれを単一視させた後、次に目に見える視野などの改善を試す。

視神経と神経束分布

視神経と神経束分布

実 施 例

 以下は、見えている像を欠損方向へ移動した実例の写真、ユーザーの声として「視野が広がり対向方向からくる人とぶつからなくなった」「視野が広がった」「見えない苦しさから解放された」という感想を得ている。この矯正は、適宜予定度数を仮枠でテストレンズ実装しユーザーの視認の上制作しお渡し。手渡し後、すべて予後の不都合のあるなしを当店の点検スケジュールに合わせ点検調整を行っている。

 当店では、一旦斜位が水平・垂直方向で生じていないか検査し、これを像移動に計算し加え見る方向における像の分離が生じない度数を割り出し、ユーザー確認の上レンズを発注制作しレンズ取り付け作業を店舗加工している。安易で精度・透明度に劣る「フレネル膜フィルム」は使用しない。

 脳内出血や脳梗塞により強い斜位が生じている時「ぼやけて」見えたり「上下左右にダブって」見えている場合が多い。プリズムで像移動を行う場合、単純なフレネル膜プリズムで単純な移動だけを試みた眼鏡では見えない他店でのケースを過去に見ている。

 当方では、先ず生じている斜位の有無を特定し一旦斜位矯正の後、像移動を行なう。経験的にユーザーは複雑な「複合斜位矯正」を持っていることが多くこれをクリヤーし検査・矯正。

 

像位置移動を図った眼鏡の見え方

当店で一般的な10.00⊿プリズム程度のレンズを使用した場合、

1メートル先:見えていない側へ10cm像が移動し感じ方として視野が広がる。

2メートル先:20cm

5メートル先:50cm

10メートル先:100cm

30メートル先:300cm

のように、近くよりは遠くの像の移動が大きい。

 

 眼鏡を掛けた当初、改善されたことに気付く場合が多いが、習慣的に顔の向きを変えることが習慣づいて分からないという場合がある。言い換えると眼鏡の利便性が当初分からず使って初めて理解し後に納得するケースが多い。過度に期待されても現実は上記のものであること、また失った視野を過去のゆに戻す事はできない。適宜視野改善するものである点を理解の上問い合わせていただきたい。

ご注意

 検査は無料です。しかし相応の特殊な検査機器と時間労力を要し安易な気持ちでのご依頼はご遠慮願います。検査は、視標を見させ発せられる簡単な質問に対する受け答えにより度数を割り出します。このため検査を受ける側は、協力的かつ明快に答えていただく必要があります。

 計測後テストフレーム実装し、よく見えるかどうかを確かめます。即日で検査完了する場合もありますが、日を改める場合もあります。

保証

 検査測定後見え方に問題がなければ一旦受注し眼鏡制作を行います。手渡し予後1週後、1か月、3か月後の経過観察と見え方に異常があるかどうか確かめます。この間異常があればレンズの作り直しを含めた再測定無料保証を手渡し後合計「4か月と7日間」行います。

 

 

 

例1 像を右から左へ移動

例1-1

例1-1

例1-2

例1-2

例1-3

例1-3

例2 像を右から左へ移動

例2-1

例2-1

例2-2

例2-2

例3 像を右から左へ移動

例3-1

例3-1

例3-2

例3-2

例3-3

例3-3

 

例4 像を右から左へ移動

例4-1

例4-1

例4-2

例4-2

例4-3

例4-3

 

例5 像を右から左へ移動し、垂直に持ち上げた。水平と垂直方向への複合移動。ユーザーの見る上部が見えないため、見える下部を上部へ移動。

例5-1

例5-1

例5-2

例5-2

例5-3

例5-3

コメント

タイトルとURLをコピーしました