複視(斜視)矯正現場より

強度近視・遠視・乱視の実施例

自分でする斜視の簡易検査法

目の辛さを改善するには、先ず目の屈折検査を試してみてください どこでもできる屈折検査(くっせつけんさ)について述べたところで、比較的簡単に分ることなど述べてもあなたも僕も全く面白くなく、その程度のことならおそらく簡単に解決できます。 ここではどこでもできる一般的でどこでもある屈折検査より、今までの相談や事例(じれい)から試(ため)してみるだけの価値ある検査についてスポットライトを当てて見ます。
いろんな見え方の不都合に対応した眼鏡

強い外斜視

非球面レンズの欠点 強いプリズム度数の場合、非球面レンズはこのように像が歪みまくり見え方が悪いとクレームがついたのが容易に見てわかるかと思います。 この問題を別の某大手レンズメーカー技術担当に振ってみた。 営業に洗脳された技術者など役に立たず居ても居なくても同じ(笑) 非球面レンズは、このような度数の場合、悪いレンズだというと防戦一方。 商売しか考えていない。 非球面レンズは性能がよいたらウンチクいうのは、どうか? 最初レンズ製作上基材切れしているというので、しぶしぶメーカーのいう非球面レンズを選択し作ったわけであるが営業員がこのようなレンズを目にすることが少ないので知らないだけである。 しかしレンズは、見かけ不良ではないものの、案の定、非球面レンズの持つ欠陥が強調増幅され、ユーザーが「像の歪み」「見え方の悪さ」を訴えたが、↑ 写真の通り、真ん中部分でしか像がはっきりしない。
強度近視・遠視・乱視の実施例

アフターケアー 定期点検 強度内斜視

特殊な度数だけに自分の目のタイプを知りどうすればよいか理解することは、これからの人生をどう生きていくかに関わる大変重要な意味を持ちます。
複視(斜視)矯正現場より

CAD作業がしにくい 頭痛・肩こり・眼痛

来店動機

当初ご来店の動機は、ソフトコンタクトレンズ装着しても、文字やキャド画面が見にくいので乱視だと思っていた。眼科や眼鏡店を大阪市内あちこち歩き回った。

解決できない

あれこれ、あちらこちら長年に亘って眼科や眼鏡店で色々検査をしたり眼鏡を合わせても見えにくく、肩こり・頭痛が酷く、長年得体の知れない理由で悩まされてきた・・・ネット検索で当店を知り、当サイトの検査法などや記事を読みもしや【斜視】かと・・・
タイトルとURLをコピーしました