head_img
head_img

コンタクトレンズ も 眼鏡も ぼやけてよく見えない

2017年12月24日

 ぼやけてよく見えない

安売りチェーン店で購入 レンズが分厚くメガネが重たい!

コンタクトレンズ装着し老眼鏡を使っているが近くも遠くも見難い。まさに地獄。

主訴

コンタクトレンズも眼鏡もぼやけてよく見えない。

保育士をされていて、コンタクトレンズ装着し老眼鏡を使っているが近くのものがとても見にくく事務仕事に大きな支障が生じている。新聞などが読めない。

使用中の眼鏡度数(安売りチェーン店で購入)レンズは可哀想なぐらい分厚くメガネは重たい!

原因

検査結果、矯正度数が合っておらず、比較的強い複合斜視がある。

改善策

コンタクトレンズでは、斜視や斜位矯正ができない。メガネで矯正する必要がある。

高度近視性乱視 複合斜視(外斜視+上下斜視)

ビフォー & アフター

before&After
before&After

石川県 51歳 女性 保育士

 

使用中の眼鏡
使用中の眼鏡

右 S-8.75C-0.25A80

左 S-7.25

当店測定結果から見て年齢に応じた近用(老眼鏡)のS+1.75程度の加入と同等で普通近くが見えるのが当然であるが、斜視が有り遠くも近くもよく見えない状態の眼鏡と考えられる。いくら安いアフターコンタクトの眼鏡といえど、実質的に何の役にも立たない無用の長物。

当店測定 仕上がり重量 レンズ/フレーム合計13.3g

遠近両用 両眼とも加入 +2.25

右目 裸眼<.05 矯正1.0XS-10.50C-0.50A25  BI 2.50⊿ BD 2.00⊿

左目 裸眼<.05 矯正1.0XS-9.50C-0.25A100  BI 3.00⊿ BU 2.00⊿

複合斜視

両眼視力 1.2

瞳孔間距離 遠用=64.5

一般的な度数と違和感の関係で、よく見える度数にすると目が痛くて掛けていられないと言う場合、原因はよく見える度数にすると見ようとする像が鮮明に目に映ると次に無意識にズレが検知され、条件反射的に眼外筋が像を一つに見ようと合わせ無理が生じるため強い違和感が生じる。

このケースでも同様の事がユーザーの目に生じていた。弱いボケて見える度数でその場しのぎで対応する眼鏡店が多い。このケースのような場合、いくら度数を弱めても近くもぼやけて読書などができなくなる。このような場合少し高い測定技術が必要となる。恐らく何処でも作れると思うのはユーザーの素人考えである。

ユーザーがトラウマになっている強い度数を掛けさせた後、当然違和感や目の痛みを訴えるが、斜視矯正のプリズムレンズを入れた途端、とても像が良く見え始め目から得体の知れない違和感がウソのように消えた、と言うユーザーの声をよく耳にする。

アイポイント測定
アイポイント測定

 

高度近視性乱視 複合斜視
高度近視性乱視 複合斜視

 

出来上がり正面からの概要
出来上がり正面からの概要

 

上部からレンズの厚み概要
上部からレンズの厚み概要

 





ページトップに戻る