head_img
head_img

「超弾性フレーム」はポキポキ折れる「超脆弱フレーム」

2019年7月31日

「超弾性フレーム」は勝手にポキポキ折れる「超脆弱フレーム」だった!

 

最近超弾性プラスチック「ウルテム」と呼ばれるフレームが出回っている。確かに機械的強度に富み物理的強度は高いが新素材に対する詳しい欠点が全く公表されていない。我々としてもこのような欠陥があると分かれば最初から誰も購入しないし販売もしない。クラックとは、ひび割れを意味する。メガネフレームにこのようなクラックが入るとフレームは販売直後簡単に破損し使用できなくなる。

「超弾性」という言葉は信用ならない。身の回りにあるエチルアルコールに対しては「超脆弱」であった。類似する体からの油脂でも同等のことが起こると予想される。

以下に示す破損したフレームは現実に当店で発生した事故例である。フレームの卸商社から購入するも、我々同様製造メーカーから機械的強度の高さだけを捉えアッピールするも耐薬品性に付いてはなんの説明もなく「超弾性」と言う表現(フレームに書かれてある)を信じ購入し店頭に並べていた。無論、事故直後店頭陳列から外し返品した。

「常識的な使用」と言うくくりで考えるならば、消毒用アルコール使用は業務上やユーザーの常識的な使用に含まれる。またこのような消毒用アルコール使用は適さないというメーカー側の「注意説明」がなされて然るべきものである。

一般にプラスチックフレームの有機溶剤などに対する耐久性は一般的に弱いとされておりこれは理解している。しかし日常使用される整髪料やオーデコロンなどにはエチルアルコールが含まれておりフレームに「クラック」を生じさせ販売手渡し直後短期間での使用で破損させる可能性が非常に高く注意説明が必要である。他方眼鏡販売現場で今までアセテートフレームなどエチルアルコールを長年使用してきたがこのような事故はなかった。

以下に実際の写真を交え実例を示してみる。

なおクラックとは、ひび割れを意味し。樹脂製メガネフレーム全般においてこのようなクラックが入るとフレーム簡単に破損し使用できなくなる。

●下の写真は「ク○ックス」ブランドの子ども用フレームである。

仕入れた動機

卸商社から「超弾性フレーム」という触れ込みで新製品の紹介があった。ユーザーが好みそうなデザインで、フレーム初期導入時最低6本ほど仕入れる条件が商魂たくましく義務付けられているブランド付きの自信作と言うので試験購入し店頭陳列した。

事故発生

数日後フレームが売れ特注レンズ発注しレンズ取り付けを行い、レンズ中心とユーザーの目の中心一致を確認のためレンズ中心にレンズメーターで印点後マジックインキで印を入れ、中心確認シールを貼り中心チェック完了後、汚れた印点を普段行っている殺菌と消去を兼ねて消毒アルコールを噴霧したその途端、なんの力も加えずとも保護者と小さなユーザーの目前でフレーム自ら勝手にスプリングが弾けるようにバラバラに折れ、取り付けたレンズも落ちた!脆弱極まりない劣悪フレームだった。

観察

フレームに下記写真の通りフレームに無数のクラックが生じていた

対応

今まで事故のなかった実績のあるフレームに切り替える旨保護者に説明し、一度加工したレンズは使えない為当方負担で新たにレンズ発注し別の商品をお渡しすることに了解を得、なんとか事なきを得た。

 

ク○ックス子供フレーム
「ク○ックス」ブランドの子供フレーム

更にエチル・アルコールを破損していない左部分に噴霧した。すると、右と同様にフレーム自ら折れた。折れた周辺には無数のクラック(深いひび割れ)が生じている。恐らく人の体から分泌される油脂でも同様のことが起こりうると考えられる。

更にエチルアルコールを噴霧
更にエチルアルコールを噴霧

 

別の事故例

このフレームの場合、同様に手渡し直前にレンズを清浄するために消毒用アルコールを噴霧しただけでフレーム各部一斉にクラックが生じた事故例。

フレームの構造と形状から考えると、ポリアミド樹脂の板材を加工したフレームである。

ポリアミド樹脂板材ということは、射出成形による内部応力=歪の少ないフレーム=分子構造が均一なため一般的にアルコールなどに対し耐久性が高いと思っていたが、上記と同様の症状が生じた。

Polyamide樹脂
Polyamide樹脂

フレーム各部に発生したクラックの様子は下記写真の通り

左上部
左上部
右下に生じたクラック
右下に生じたクラック
メガネツル直下に生じたクラック
メガネツル直下に生じたクラック かなり深い
左下に生じたクラック
左下に生じたクラック
クラック
クラック




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページトップに戻る