眼振盪と白内障術後の眼鏡

眼振盪と白内障術後の眼鏡

大阪府ご在住 60歳男性

当初、眼振と白内障があり、施設設備の整った神戸の病院をお勧めし難しい眼振のある目の白内障手術は成功。その後の眼鏡矯正を行った事例。

処方箋

処方箋


度数

垂直と水平プリズム矯正、遠視性乱視

右目 S+1.00;C-1.50A180 BD 3.00⊿
左目 S+5.00;C-1.50A180 BI  3.00⊿

瞳孔間距離 遠用 62㍉

(記号の説明 S:球面度数 BIベースイン 外斜位矯正 BDプリズム基底ダウン ⊿:プリズムディオプター 例えば1.00⊿は1メータの位置で1cm 像をズラす力量を表し 更に遠くになればそのズレは大きくなる)

フレーム上のアイポイント座標
右 水平31.0 フレーム下端より 21.1
左 水平31.0 フレーム下端より 20.6

アイポイント測定

アイポイント測定

 

アイポイント測定値と度数諸元によるレンズ設計図面

レンズ厚と重量

レンズ厚と重量

レンズ重量は右4.8g 左 11.4g合わせて 16.2g ただし通常品を使った場合の重量は21.2g。設計により5.0g減量されている。

レンズレイアウト

レンズレイアウト

加工前のレンズと眼鏡フレーム

準備できたレンズとフレーム

準備できたレンズとフレーム

レンズ取り付け後の眼鏡

レンズ外周加工後取り付け概要

レンズ外周加工後取り付け概要

左レンズは若干フレームより前に約1.0㍉はみ出ている

左右レンズの厚み比較

左右レンズの厚み比較

 

左レンズの厚み

左レンズの厚み

 

装着直後のユーザー感想

「今までと全然違ってよく見える」

コメント

タイトルとURLをコピーしました