head_img
head_img

【実施例190721】体のバランスを取るため両眼視が必要 

2019年8月7日

【実施例190721】体のバランスを取るため両眼視が必要 

京都市ご在住 女性 49歳 

主訴

2018//02/09 小脳出血により下肢に麻痺が生じて車椅子の生活。視神経に異常が生じ複視になっており眼科で処方された眼鏡を持つがモノがダブったりぼやけて見え日常の生活に困難がある。そのため常に左目を手で押さえ片目で見る不自由な生活を強いられている。

眼科から片眼遮蔽を勧められたが両眼視が必要。

車椅子であるが身体機能回復リハビリの為体のバランスを取るため両眼視が必要。また自分で日常生活や読書などの文化的生活の為に近くのものも見たい。


使用中の眼鏡度数

レンズ : 単焦点レンズ

右 S+0.25C-1.50A114 

左 S±0.00C-0.50A83

プリズム矯正

右 BO 3.75⊿

左 BU 3.75⊿

プリズム合計 7.50⊿


測定

利き目 : 右側

屈折度数

右 裸眼0.9 矯正1.5pXS+0.25C-1.00A120

左 裸眼0.8 矯正1.2 XS+0.25C-0.50A30

近見調節度数加入(老眼)S +1.75 両眼

プリズム矯正値

右 BO 2.00⊿ BD 6.50⊿

左 BO 2.00⊿ BU 6.50⊿

プリズム合計 17.00⊿

瞳孔間距離 64.5mm

選択レンズ、中近累進屈折力レンズ使用


ユーザーの反応

ご来店時硬い表情であった。矯正直後テストフレームで実装した時ものが一つにくっきり見えたためユーザーの表情から思わず笑みが溢れた。

加工工程中の写真

加工前のレンズとフレーム
加工前のレンズとフレーム
レンズ取り付け完成概要
レンズ取り付け完成概要

眼鏡+左右のレンズ=21.0g

上からの概要
上からの概要

左レンズ上端は厚みが生じ、右レンズ上端は薄くなっている。

下からのレンズ厚概要
下からのレンズ厚概要

上記説明と逆の状態になっている





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



ページトップに戻る